コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レギュラー・チェーン regular chain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レギュラー・チェーン
regular chain

同一資本に属する多数の店舗が,各地に分散しながら中央の本部によって統一的に管理されている大規模な小売組織。同一資本,同一経営という点では,多数の店舗をもつ百貨店も同じであるが,商品の集中仕入れ,販売促進活動の統合化,商品管理システムの一元化などのチェーン・オペレーションが存在することによって,本支店とも比較的独自なマーチャンダイジング活動を行なっている百貨店などとは区別される。商品の性格上,食品の分野において特に顕著であるが,日本では実用衣料や日用家庭用品なども包含し,ビッグストアとして百貨店と並ぶまでに成長している。 (→ボランタリー・チェーン )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流通用語辞典の解説

レギュラー・チェーン【regular chain】

ひとつの企業(資本)で多数の店舗を有する大規模小売業をいう。正しくはコーポレイト・チェーンとよばれるもので、レギュラー・チェーンという公式用語はない。商品の本部一括仕入れを前提とする祝えうるチェーン経営には原則的に3つあり。1つは一企業多店舗型のコーポレイト・チェーン、2つは協業化の一貫としての多企業多店舗型の任意チェーン(ボランタリー・チェーン)、3つはファランチャイズ・チェーンである。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レギュラー・チェーン
れぎゅらーちぇーん
regular chain

チェーン・ストアの主流をなす形態。すなわち、同一種類の、あるいは類似の商品を扱う多数の小売店舗が単一の資本(企業)の下に結合され、本社(中央本部)の統一的な方針のもとに管理され運営される小売業の経営形態のことである。レギュラーとは正規の意味で、ボランタリー・チェーンが任意のチェーンであるのに対比してよばれている。アメリカでは会社チェーンcorporate chainといっている。2002年(平成14)の「商業統計」では、日本で10店舗以上所有する小売企業数は4195で、小売販売額の46.5%を占めている。[伊藤公一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のレギュラー・チェーンの言及

【チェーン・ストア】より

…連鎖店という訳語は今日ではあまり使われない。レギュラー・チェーンregular chainないしコーポレート・チェーンcorporate chainとボランタリー・チェーンvoluntary chain(VC)とに分けられるが,第2次大戦後にはフランチャイズ・チェーンfranchise chainないし契約チェーンと呼ばれる新しいチェーン・ストアも発展している。 レギュラー・チェーンは,強力な中央本部と多数の小売店舗を有する一企業体である。…

※「レギュラー・チェーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レギュラー・チェーンの関連キーワードチェーン・ストアチェーンストア伊藤公一小売商十字屋

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android