コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レゲット レゲット Leggett, Anthony J.

2件 の用語解説(レゲットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レゲット
レゲット
Leggett, Anthony J.

[生]1938.3.26. ロンドン
イギリス物理学者。1961年オックスフォード大学卒業,1964年同大学で博士号取得。1967年からサセックス大学に移り,1978年から教授。1983年からアメリカ合衆国イリノイ大学の教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レゲット
れげっと
Anthony James Leggett
(1938― )

アメリカとイギリスの国籍をもつ物理学者。ロンドンに生まれる。オックスフォード大学で古典語学を専攻したが、のちに物理学に転じて同大学院を1964年に修了した。同年アメリカに渡り、イリノイ大学の研究員となり、1967年イギリスのサセックス大学の講師に就任、1978年同大教授、1983年からはイリノイ大学の教授を務める。その間、1965年(昭和40)に京都大学、1973年に東京大学で研究生活を送り、日本女性と結婚、親日家として知られる。
 おもな研究は、液体ヘリウムの超流動に関するものである。超流動とは、極低温において液体に粘性がなくなる状態のことで、ヘリウムの同位体の一種であるヘリウム3の超流動現象を発見し、その理論的解明に成功した。さらに微視的世界を扱う量子力学を巨視的世界の現象として検出するための理論的研究でも著名である。2003年「超伝導と超流動の理論における先駆的貢献」により、アブリコソフ、ギンツブルクとともにノーベル物理学賞を受賞した。[編集部]
『アンソニー・J・レゲット著、高木伸訳『物理学のすすめ』(1990・紀伊國屋書店) ▽木下是雄著『理科系の作文技術』(中公新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レゲットの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドンデリーの歌ロンドン橋落ちたどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レゲットの関連情報