コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レシーバー制度 レシーバーせいどreceivership

翻訳|receivership

世界大百科事典 第2版の解説

レシーバーせいど【レシーバー制度 receivership】

イギリス法において衡平法(エクイティ)裁判所判例法を通じて発達させた財産管理人(レシーバー)制度。財産を管理し,収益(地代など)を収受receiveすることに由来する名称である。今日ではアメリカをはじめ英米法系の諸国でひろく用いられ,制定法によって規定されているレシーバーも多い。レシーバーと呼ばれるものが置かれる場合は種々あるが,多くは必要に応じて裁判所によって任命され,一定の目的のために財産を管理する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レシーバー制度
れしーばーせいど
receivership

アメリカの会社更生制度。株式会社が経営困難に陥った際、破産手続をとると、資産は低い価格で処分され、無形資産は消滅して、株主・債権者等の利害関係者は大きな損失を受ける。もし再建の見込みがあるときは、破産を回避し、営業を続けながら整理するほうが利害関係者にとって得策である。このような場合、利害関係人の申立てによって裁判所は1人または数人のレシーバー(財産管理人)を任命する。レシーバーは、会社の経営を続けながら債権債務を整理し、賃貸借や売買の契約を更改し、必要な追加資本を調達して再建に努めるとともに、再建計画とその可能性を裁判所に報告する任務を負う。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android