コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レテ レテ Lethe

翻訳|Lethe

3件 の用語解説(レテの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レテ
レテ
Lethe

ギリシア神話で,争いの女神エリスの子とされる忘却を擬人化した存在。同時に冥府にあるとされる泉の名でもあり,死者の霊は,冥界に着くと,このレテの泉の水を飲んで地上の生を忘れ,再生する前にもまたこの水を飲んで冥府で見たことをすべて忘れるとされた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レテ【Lēthē】

ギリシア・ローマ神話で,冥府を流れる〈忘却〉の川。一般に,冥府へ下った亡者はその水を飲んで過去のいっさいを忘れると考えられたが,ウェルギリウス叙事詩アエネーイス》第6巻では,新しい肉体を得て転生しようとする霊魂が前生のことを忘れるためにこの川の水を飲むとされている。また後代のダンテは《神曲》煉獄篇第28歌で,罪の記憶をぬぐい去る流れ,と歌っている。【水谷 智洋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レテ
れて
Lth

ギリシア神話の神格で、「忘却」を意味する。ヘシオドスによれば、争いの女神エリスの娘で、ポノス(労苦)、マケ(戦い)、リモス(飢え)、アテ(破滅)らの姉妹とされる。しかし、神としてはなんら活動することがない。レテは普通冥界(めいかい)にある野原、あるいは泉、川のことをさし、またスティクス川(日本の三途(さんず)の川にあたる)の支流ともされる。地下に降りた死者の魂は、レテの水を飲んで生前のことを忘れると信じられていた。[中務哲郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レテの関連キーワードアイネイアスウシャスウルカヌスエイレイテュイア金石学ローマ神話プルートーメルクリウスアモルギリシア・ローマ神話

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レテの関連情報