コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバント貿易 レバントぼうえき Levant trade

4件 の用語解説(レバント貿易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバント貿易
レバントぼうえき
Levant trade

東方貿易とも呼ばれる。 11世紀以来のいわゆる「商業の復活」からヨーロッパレバント地方との間で行われた貿易。小アジアの東地中海沿岸に運ばれた香料,織物,奢侈品などアジアの物産を,主として北イタリアの都市 (特にベネチア) 商人が銀 (おもに南ドイツ産) ,毛織物などと交換してヨーロッパに伝えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

レバント貿易【レバントぼうえき】

レバント(英語,ドイツ語フランス語Levant,イタリア語Levanto)は〈日の上る方向〉の意で,中世後期の西欧とその東方,シリアや小アジア方面との貿易をいう。
→関連項目東方貿易

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

レバントぼうえき【レバント貿易】

レバント(英語,ドイツ語,フランス語Levant,イタリア語Levanto)とは,西ヨーロッパから見て〈日の上る方向〉すなわち東方にあたる地中海東岸一帯を指す語で,13,14世紀のイタリア,フランスなどで成立した。シリア,レバノンなどを中心とし,ギリシアトルコ,あるいはエジプトを含める。つまりレバント貿易とは東西貿易,西ヨーロッパから見た東方貿易を指す。地中海の東と西が一つの世界に結合されていたローマ帝国の時代についてはこの概念は存在しない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

レバントぼうえき【レバント貿易】

〔レバント(Levant)とは小アジア・シリアの地中海沿岸のこと〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レバント貿易の関連キーワードスイス定冠詞ドイツ法律フラングレ瑞西分綴ドイチュラントテレビ テレビでフランス語ドイ語

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone