コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レバント貿易 レバントぼうえきLevant trade

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レバント貿易
レバントぼうえき
Levant trade

東方貿易とも呼ばれる。 11世紀以来のいわゆる「商業の復活」からヨーロッパとレバント地方との間で行われた貿易。小アジアの東地中海沿岸に運ばれた香料,織物,奢侈品などアジアの物産を,主として北イタリアの都市 (特にベネチア) 商人が銀 (おもに南ドイツ産) ,毛織物などと交換してヨーロッパに伝えた。この遠隔地商業によってイタリア商人は巨利を得たが,15世紀に入りオスマン・トルコがレバント地方に進出,15世紀末から 16世紀にインド航路開拓により直接貿易が発展した。またイギリス商人の毛織物貿易への参入などもあって,ベネチアの独占は終り,東西貿易におけるレバント貿易の比重も後退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レバント貿易【レバントぼうえき】

レバント(英語,ドイツ語,フランス語Levant,イタリア語Levanto)は〈日の上る方向〉の意で,中世後期の西欧とその東方,シリアや小アジア方面との貿易をいう。11―12世紀以降ベネチア,ジェノバなどのイタリア商人が主として従事。東方のコショウなどの香辛料のほか絹・綿織物などを,西方の銀や毛織物などと交換した。この貿易は16世紀の新航路発見により衰微。
→関連項目東方貿易

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レバントぼうえき【レバント貿易】

レバント(英語,ドイツ語,フランス語Levant,イタリア語Levanto)とは,西ヨーロッパから見て〈日の上る方向〉すなわち東方にあたる地中海東岸一帯を指す語で,13,14世紀のイタリア,フランスなどで成立した。シリア,レバノンなどを中心とし,ギリシア,トルコ,あるいはエジプトを含める。つまりレバント貿易とは東西貿易,西ヨーロッパから見た東方貿易を指す。地中海の東と西が一つの世界に結合されていたローマ帝国の時代についてはこの概念は存在しない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android