レモンイエロー(英語表記)lemon yellow

翻訳|lemon yellow

色名がわかる辞典「レモンイエロー」の解説

レモンイエロー【lemon yellow】

色名の一つ。JISの色彩規格では「あざやかなみの」としている。一般に、熟したレモン果皮のような明るい黄色をさす。レモンはミカン科の常緑果樹で、果実初冬に熟す。非常に酸味が強い。日本では「さわやか」というイメージをもつが、英語圏では「不良品、くだらない、まぬけ」といった悪いイメージでとらえられる。そのめた「レモンをもらったら、レモネードをつくれ」という格言がある。日本でいえば「災い転じてとなせ」という意味。色名は絵の具クレヨンなどに使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「レモンイエロー」の解説

レモン‐イエロー

〘名〙 (lemon yellow) クロム酸バリウムやクロム酸ストロンチウムから作られる淡黄色の顔料。また、それから作られる絵の具やその色。レモン色
檸檬(1925)〈梶井基次郎〉「レモンヱローの絵具をチューブから搾り出して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「レモンイエロー」の解説

レモン‐イエロー(lemon yellow)

クロム酸バリウムまたはクロム酸ストロンチウムから作られる淡黄色の顔料。また、それから作られる絵の具やその色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

座り込み

その場に座り込んで動かないこと。特に労働争議などで、自分たちの意思・要求を相手に認めさせるために一定の場所に座り込むこと。「座り込み戦術」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android