レリア

百科事典マイペディアの解説

レリア

熱帯アメリカ原産のラン科の一属。全体にカトレアに似ているが,花柄は長く,花つきがよく,唇弁(しんべん)は小さい。約75種の野生種があり,それらの間や,他属との間に多くの交雑種が作られているが,カトレアとの間に作られたレリオカトレアは特に有名。ミズゴケバークなどを植込み材料とし,温室で栽培する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レリア【Laelia】

ラエリア属Laeliaの着生洋ラン。常緑で,メキシコからブラジル南部に分布し,岩について生活しているため,ロックレリアと呼ばれているものもある。約75種あり,カトレア属とよく似ているが,カトレアの花粉塊が4であるのに対し,レリアは8であることで区別される。は紡錘状で表面は硬く,茎の頂部より,革質の葉を1~2枚つける。花は茎の頂部より花茎を出し,長いものは100cmにおよび,その花茎上に5~10輪前後の花をつける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android