コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レリス(英語表記)Michel Leiris

大辞林 第三版の解説

レリス【Michel Leiris】

1901~1990) フランスの作家・民族学者。ブルトンらとシュールレアリスム運動に参加。調査旅行中の夢をも含む私的体験を綴つづった「幻のアフリカ」や、「成熟の年齢」「ゲームの規則」を著す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

レリス

フランスの作家,民族学者。シュルレアリスム運動に加わるが1929年にクノーらとともに脱退。中央アフリカの調査旅行(1931年―1933年)への参加をきっかけに民族学の研究にとりかかり,その旅行記録《幻のアフリカ》(1934年)を発表する。人類博物館に勤務するかたわら,バタイユらと〈社会学研究会〉を結成し,また自伝的著作《成熟の年齢》(1939年)を公刊した。第2次大戦後には,4巻に及ぶ《ゲームの規則》を30年間書き続ける。ほかに《癲癇》(1943年),《オーロラ》(1946年),《黒人アフリカの美術》(1968年)など。
→関連項目バタイユマッソン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レリス【Michel Leiris】

1901‐90
フランスの作家,人類学者。シュルレアリスム運動に参加したが,1929年バタイユとともに脱退。人類学者としてアフリカ原住民の現地調査を進め,《アフリカの幻影》(1934)などを発表する一方で,極度の精神的沈滞とたえざる自殺への偏執から脱却しようとして,いわば自己自身に精神分析を施すように告白《成熟の年齢》(1939)を書く。以後,文学を単なる美的目的に終結させず,自己自身を変革するための言語活動ととらえ,死に憑(つ)かれた自分の人生をさまざまな角度から語る特異な自伝《ゲームの規則La règle du jeu》4巻(1948‐76)を書きつづけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

レリスの関連情報