コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアノーク ロアノーク Roanoke

3件 の用語解説(ロアノークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアノーク
ロアノーク
Roanoke

アメリカ合衆国,バージニア州西部の都市。リッチモンドの西 238km,シェナンドーア谷の南端,ブルーリッジ山脈アレゲニー山地に囲まれた盆地に位置する。 1882年石炭輸送鉄道と北からの鉄道の連結点となってから,交通の要衝,工業の中心地として急速に発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロアノーク【Roanoke】

アメリカ合衆国バージニア州南西部の商工業都市。人口9万7000(1994)。ブルーリッジ山脈を横断するロアノーク川の谷に位置し,シェナンドア河谷の南の玄関口で,同河谷南部の商工業・交通の中心地。家具,繊維,織物,衣服,電気製品,金属などの工業がある。1740年ごろに定住が始まり,1882年に鉄道が開通してから鉄道交通の要衝として急速に発展した。交通博物館がある。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロアノーク
ろあのーく
Roanoke

アメリカ合衆国、バージニア州南西部の商工業都市。人口9万4911(2000)。ブルー・リッジ山脈とアレゲニー高原の間に位置する、シェナンドア河谷への南の玄関口である。シェナンドア河谷南部の商工業、交通の中心地で、家具、繊維・織物、衣服、電気製品、金属などの工業が発達する。1740年ごろに定住が始まり、1882年の鉄道の開通によって急速に発展し、84年より市制が施行された。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロアノークの関連キーワードバージニアピッツバーグヨークタウンアメリカン合衆国コロラドネブラスカ華盛頓ウエストバージニアキスカ[島]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロアノークの関連情報