コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロアノーク Roanoke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロアノーク
Roanoke

アメリカ合衆国,バージニア州西部の都市。リッチモンドの西 238km,シェナンドーア谷の南端,ブルーリッジ山脈アレゲニー山地に囲まれた盆地に位置する。 1882年石炭輸送鉄道と北からの鉄道の連結点となってから,交通の要衝,工業の中心地として急速に発展。鉄道工場をはじめ,繊維,織物,建築機械,塗料などの工場がある。ブルーリッジ山脈を中心とした観光基地。人口9万 6397 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロアノーク【Roanoke】

アメリカ合衆国バージニア州南西部の商工業都市。人口9万7000(1994)。ブルー・リッジ山脈を横断するロアノーク川の谷に位置し,シェナンドア河谷の南の玄関口で,同河谷南部の商工業・交通の中心地。家具,繊維,織物,衣服,電気製品,金属などの工業がある。1740年ごろに定住が始まり,1882年に鉄道が開通してから鉄道交通の要衝として急速に発展した。交通博物館がある。【菅野 峰明】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロアノーク
ろあのーく
Roanoke

アメリカ合衆国、バージニア州南西部の商工業都市。人口9万4911(2000)。ブルー・リッジ山脈とアレゲニー高原の間に位置する、シェナンドア河谷への南の玄関口である。シェナンドア河谷南部の商工業、交通の中心地で、家具、繊維・織物、衣服、電気製品、金属などの工業が発達する。1740年ごろに定住が始まり、1882年の鉄道の開通によって急速に発展し、84年より市制が施行された。[菅野峰明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロアノークの関連キーワードローリー(アメリカ合衆国)アメリカ合衆国史(年表)スタンリー オニールノース・カロライナジョン マザードン プーレンランドルフマザー

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android