ロケーション[映画](読み)ロケーション[えいが](英語表記)location

  • えいが
  • ロケーション
  • 映画

翻訳|location

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

英語では,映画の撮影に使われるスタジオ以外の場所をさすが,日本ではそうした撮影行為 location shooting自体をこう呼んでいる。サイレント初期は,照明を日光に頼っていたので,屋外撮影が普通だった。しかし人工照明の発達などで,撮影場所は次第に屋内に移行,トーキーになってからも,物語の展開上,あるいはジャンル (西部劇など) 上,ロケーションを必要とする場合もあったが,録音技術の未発達から,スタジオ撮影主流の時代がしばらく続いた。ロケーションが再び盛んになるのは第2次世界大戦後で,まず『無防備都市』 (1945) などのイタリアのネオレアリズモ neorealismo作品がその口火を切り,1950年代後半から世界的に急増。その背景には,スタジオ製作にかかる費用の膨大さ,良質なストック・フィルムの増加,カメラの小型化,照明・録音機器の発達,そしてロケーションを多用したヨーロッパ作品の成功があった。ただし,もともとロケーションが基本のドキュメンタリーは,別枠で考えなければならない。また,実際の建物や景観を使用しているからといって,必ずしも現実感 (リアリティ) があるとはかぎらない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android