コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスキレ ロスキレ Roskilde

4件 の用語解説(ロスキレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスキレ
ロスキレ
Roskilde

デンマーク東部,ロスキレ県の県都。シェラン島東部,コペンハーゲン西方約 30kmに位置する。なめし皮,醸造,ベーコンの工場が立地。 1020~1416年デンマーク国王の宮殿があり,43年までデンマークの首都であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロスキレ(Roskilde)

デンマーク東部、シェラン島のロスキレフィヨルド最奥部に位置する都市。リーベと並ぶ同国最古の都市の一。世界遺産ロスキレ大聖堂がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロスキレ【Roskilde】

デンマークのシェラン島にあるロスキレ湾最奥部の古都。人口5万1000(1996)。10世紀にすでにその名が知られたデンマーク最古の都市の一つで,ハーラル青歯王(在位950ころ‐985)により王の館が造られた。1020年ごろ,司教座が設けられ,繁栄が始まるが,15世紀に王の居館および司教座が約30km東のコペンハーゲンに移り,以後衰微した。1658年,当地でデンマーク,ノルウェースウェーデン間の和約が結ばれ,1847年には当地とコペンハーゲン間にデンマーク王国最初の鉄道が敷設され,経済的に再興した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロスキレ
ろすきれ
Roskilde

デンマークのシェラン島にある古都。ロスキレ湾最奥部に位置する。人口5万3168(2002)。10世紀にすでにその名が知られ、デンマーク代々の王らが眠るロスキレ大聖堂(1170年代に創建)を中心に町が広がる。首都コペンハーゲンの西方約30キロメートルの当市は王国最初の鉄道で首都と結ばれた(1847)。1972年、デンマーク第四番目の大学が当地に開設された。[村井誠人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスキレの関連キーワードオーデンセコペンハーゲンシェラン島デンマーク王立バレエ団ロスキレの和約ロスキレ大聖堂イスキレシェラン[島]スコーネ戦争ヘルシンゲア

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロスキレの関連情報