コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスタン ロスタン Rostand, Edmond

6件 の用語解説(ロスタンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスタン
ロスタン
Rostand, Edmond

[生]1868.4.1. マルセイユ
[没]1918.12.2. パリ
フランスの劇作家。パリ大学で法律を学んだが文学に転じ,詩集『暇つぶし』 Les Musardises (1890) を出したのち,劇作を手がけ,『夢見る人々』 Les Romanesques (94) ,『はるかな姫君』 La Princesse lointaine (95) ,『サマリアの女』 La Samaritaine (97) で次第に名をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロスタン(Edmond Rostand)

[1868~1918]フランスの詩人・劇作家。軽快で叙情的な韻文劇で知られる。戯曲「シラノ=ド=ベルジュラック」「鷲の子」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロスタン

フランスの詩人,劇作家。《手すさび》で詩人として出発したが,のち《ロマネスク》(1894年)等の韻文劇で認められた。1897年初演の《シラノ・ド・ベルジュラック》は,暗い悲観主義的傾向の強い当時の自然主義の支配に対して,溌剌(はつらつ)として明るいロマン主義的英雄を登場させ,大成功を収めた。
→関連項目コクラン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ロスタン【Edmond Rostand】

1868‐1918
フランスの劇作家。マルセイユ生れ。パリの高校を卒業後ただちに文芸批評と劇作を試み,1894年にユゴーの影響を受けた詩劇《ロマネスク》がコメディ・フランセーズで上演され,その抒情性が自然主義演劇の陰と象徴主義演劇の難解にあきた観客に新鮮な驚きを与える。次いで97年12月にポルト・サンマルタン座で名優コクランによって初演された5幕韻文劇《シラノ・ド・ベルジュラック》はその擬古典的な名せりふと巧みな劇作術と愛国心をくすぐる題材とによって空前の大当りをとり,フランス随一の劇作家と見なされるに至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロスタン【Edmond Rostand】

1868~1918) フランスの詩人・劇作家。ロマン主義的な韻文戯曲「シラノ-ド-ベルジュラック」が名高い。他に詩集「手すさび」、戯曲「鷲の子」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロスタン
ろすたん
Edmond Rostand
(1868―1918)

フランスの詩人、劇作家。マルセイユの教養ある商人の家に生まれ、パリ大学に学ぶ。当時流行の象徴主義の影響を受けず、高踏派の詩人ルコント・ド・リールらと交際、1890年、詩集『ミュザルディーズ』を自費出版したあと、障害がなければ恋ができないと信じていた2人の若者の恋の幻滅と再生を描く三幕韻文悲劇『ロマネスク』のコメディ・フランセーズ上演(1894)で成功。続いて、中世吟遊詩人の悲恋を描く『遠い国の姫君』をサラ・ベルナールの斡旋(あっせん)で上演(1895)、あまり受けなかったが、ベルナールの激励でルネサンス座で三幕の聖書劇『サマリヤ女』(1897)を発表してほぼ成功。1897年、名優コクランが主宰していたポルト・サン・マルタン座で上演した『シラノ・ド・ベルジュラック』で不朽の文名を確立した。アクションと叙情を巧みに配合したヒロイズムで、自然主義に飽きていた観客からは熱狂的に迎えられ、今日も世界的名作として有名。しかし、作者のロマン主義は時代遅れのうえ発展がなく、以後は、ナポレオンの子を扱った『鷲(わし)の子』L'Aiglon(1900)、詩劇『東天紅』(1910)があるが、ともに『シラノ』に遠く及ばない。ほかに詩集が二、三ある。生物学者ジャン・ロスタンJean Rostand(1894―1977)は息子。[岩瀬 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロスタンの関連キーワードプティパパニョルマルセイエーズラマルセイエーズコペーアデュー・マルセイユ マルセイユへ愛をこめてマルセイユ国立バレエ団ローラン・プティ・マルセイユ・バレエ団マルセイユ版マルセイユ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロスタンの関連情報