コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東天紅 とうてんこう

9件 の用語解説(東天紅の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東天紅
とうてんこう

高知県産の長鳴鶏 (ながなきどり) で,唐丸,声良とともに日本三長鳴鶏の一つ。このなかでは最も高い声で鳴き,一息で7~8秒から 10秒,まれに 20秒ほど鳴くものもある。 1936年天然記念物に指定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

東天紅
とうてんこう

料理飲食業。小泉グループ。 1948年設立。 61年に上野不忍池畔に開店。 84年に東京・大阪証券取引所の1部に上場。事業内容は中華料理店・結婚式場の経営,オリジナル商品の販売をはじめディナーハウスの経営ノウハウも提供。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうてん‐こう【東天紅】

[副]《東の空が紅(あか)くなる意の漢字を当てたもの》夜明けを知らせる鶏の鳴き声を表す語。
「竹林の外に―を唱う鶏の声聞いて」〈露伴・いさなとり
[名]鶏の一品種。長鳴き鶏(どり)の一。高知県で作り出された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東天紅【とうてんこう】

日本在来の愛玩用鶏の一品種。声を長くのばして鳴く長鳴鳥の代表的なもの。15〜20秒鳴き続ける。高知県で作出され,天然記念物。
→関連項目ニワトリ(鶏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

とうてんこう【東天紅】

三重の日本酒。蔵元は「滝本酒造場」。平成12年(2000)廃業。蔵は伊賀市上野車坂町にあった。

とうてんこう【東天紅】

沖縄の泡盛。酒名は、鶏の一品種で長鳴き鶏の「東天紅」にちなみ命名。原料はタイ米、黒麹。アルコール度数25%。蔵元の「神谷酒造所」は昭和24年(1949)創業。所在地は島尻郡八重瀬町字世名城。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

東天紅(とうてんこう)

株式会社東天紅が展開する中華料理店のチェーン。創業は1961年。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東天紅

正式社名「株式会社東天紅」。英文社名「Totenko Co., Ltd.」。小売業。昭和32年(1957)「上野観光温泉株式会社」設立。同36年(1961)現在の社名に変更。本社は東京都台東区池之端。外食チェーン。中華レストラン「東天紅」が主力。ほかに日本料理店「海燕亭」などを展開。披露宴事業も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード8181。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうてんこう【東天紅】

ニワトリの一品種。鳴き声を賞玩する目的で作られた。鳴き声は豊かで長く、約20秒継続するものもある。高知県原産。天然記念物。
暁に鳴く鶏。また、その鳴き声。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東天紅の言及

【ニワトリ(鶏)】より

…主要品種を飼養目的によって分類すると次のようである。
[観賞用種]
 雄鶏の時を告げる声を観賞する長鳴鶏としては,東天紅(とうてんこう)(イラスト),声良(こえよし),唐丸(とうまる)など,ひと声を20秒以上も引きのばす品種が作出されている。美しい姿態を楽しむ品種としては小国(しようこく),地鶏(じどり),尾曳(おひき),蓑曳(みのひき),黒柏(くろかしわ),鶉尾(うずらお),比内鶏(ひないどり)(イラスト),地頭鶏(じとつこ),烏骨鶏(うこつけい),チャボ(矮鶏)(イラスト)があるが,蓑羽と尾羽が換羽せずに伸びつづけ,8m以上に達する尾長鶏(イラスト)は世界的に有名である。…

※「東天紅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東天紅の関連キーワード東急百貨店フィールズ東武ストア東名しんわレクシオ東京久栄エトーキレスト東急ホームズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東天紅の関連情報