ロゼッタストーン

とっさの日本語便利帳の解説

ロゼッタストーン

一七九九年、ナポレオンエジプト遠征の際にロゼッタで発見された前一九六年の石碑。象形文字(ヒエログリフ)、その草書体ギリシャ文字が刻まれていた。一八二二年、フランスの学者シャンポリオンが解読に成功し、エジプト学の礎を築いた。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ロゼッタストーン【Rosetta stone】

エジプト文字解読の鍵かぎとなった石碑。プトレマイオス五世の頌徳しようとく碑。紀元前196年起草。古代エジプト文字二種(ヒエログリフとその俗字であるデモティック)とギリシャ文字で同一内容が記されている。1799年ナポレオンのエジプト遠征時にナイル川河口のロゼッタで発見された。1822年シャンポリオンがヒエログリフを解読。大英博物館蔵。ロゼッタ石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android