コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタール[1世] ロタール

百科事典マイペディアの解説

ロタール[1世]【ロタール】

フランク王(在位840年―843年),西ローマ皇帝(在位840年―855年)。父ルートウィヒ1世の死後,相続をめぐって弟のルートウィヒ2世,カール2世と戦って敗れ,843年ベルダン条約により王国を3分し,皇帝位およびイタリアと中部フランクを得た。
→関連項目メルセン条約

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロタール[1世]【Lothar I】

795ころ‐855
フランク王(在位840‐843),西ローマ皇帝(在位840‐855)。ルートウィヒ1世の長子。817年の〈帝国整備令〉により父の共同統治者となる。824年〈ローマ協定〉を結んで教皇権に対する皇帝権の優位を明文化した。830年整備令に反した父の国土分割に抗して反旗をひるがえし,父の死後は全帝国の支配権を求めて2人の弟(ルートウィヒ2世カール2世)と争ったが,フォントノア・アン・ピュイゼで敗北,843年のベルダン条約で皇帝位と中部フランクの確保にとどまった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のロタール[1世]の言及

【カロリング朝】より

…しかしこのような理想像は,一般には理解されず,さまざまな現実との摩擦を生じた。例えばカール大帝の分国令Divisio Regnorum(806)は,男子すべての相続を認め,帝権への言及は故意に避けたが,ルートウィヒ1世の帝国遺贈令Ordinatio Imperii(817)は,帝権に重点をおき,同時に長男ロタール1世を皇帝および共同統治者としたため,各方面の不満がついには反乱にまで発展した。加えて823年に末子カール(のちの2世)が後妻との間に生まれ,817年には予想されなかった遺贈分を準備せねばならなくなったルートウィヒ1世は,しだいに他の3子(ロタール1世,アキタニア王ピピン,ルートウィヒ2世)との間に争いを生じ,父子骨肉の戦争から一時廃位にまで追いこまれた(830‐833)。…

【シュトラスブルクの盟約】より

…840年のルートウィヒ1世の死後,その長子のロタール1世は皇帝位と同時にフランク王国全体に対する最高権を主張して,弟のルートウィヒ2世にはバイエルン1国に甘んずることを,また末弟のカール2世には相続領をアキテーヌ1国に縮小することを強要した。そのうえ彼は,恩貸地の大盤振舞によって,弟たちの家臣の多くを,自分の家臣に加えることに成功した。…

【ルートウィヒ[1世]】より

…生地がポアティエ付近であったため,アクイタニア王たるべく,同地方の慣習で育てられた。彼は帝権を唯一の教会を援助すべき唯一の権力と考え,817年の帝国遺贈令において長男ロタール1世を皇帝に任じ,他の兄弟たちに帝権に従属すべきことを命じた。この考えは,ゲルマンの相続慣習に反し,しかも教会はこれに乗じて,のちに皇帝,王を教会の奉仕者と規定した(829)。…

【ワラ】より

…818年,イタリア王ベルナールの反乱にくみし,兄とともに亡命した。822年ルートウィヒ1世の命により,事実上ローマに追放された同帝の長子ロタール1世の後見人となるが,以後ロタール派の中で一貫して重きをなし,ルートウィヒ1世を追いつめた第6回パリ公会議の主唱者であった。831年追放されて,ボッビオで没した(没年は836年とする説もある)。…

※「ロタール[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ロタール[1世]の関連キーワードロタール[1世]ベルダン条約東フランク王国成年後見人ステリンガの反乱法定代理ベルダン条約百済教法ルートウィヒ[1世]賈島

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone