コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロタール2世 ロタールにせいLothar II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロタール2世
ロタールにせい
Lothar II

[生]835頃
[没]869.8.8. ピアツェンツァ
ロタリンギア王 (在位 855~869) 。ロタール1世の次男。ベルダン条約 (843) で西ローマ皇帝の称号と,イタリア地方を得た父王の遺領は,3人の兄弟に分割され,西ローマ皇帝位は兄のルイ (ルートウィヒ2世) が獲得したが,ロタールには中部フランクが与えられた。この地を自分の名にちなみロタリンギア (ロタールの王国 Lotharii regnumから Lotharingia,のちのロレーヌとなった) と名づけた。死後メルセン条約 (870) でロタリンギアの東半分は東フランクに,西半分は西フランクに併合され,今日のドイツ,フランス,イタリアの原型が形成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ロタール2世の関連キーワードチューリンゲン(ドイツの地名)ルートウィヒ2世(ドイツ王)アーダルベルト[マインツ]フリードリヒ2世(独眼公)ホーエンシュタウフェン朝カルル2世(禿頭王)ダゴベルト[1世]ベレンガーリョ2世ニコラウス(1世)ニコラウス[1世]オットー(2世)ロタール[2世]アナクレツス2世ピピン[1世]ダゴベルト1世ニコラウス1世ロジェール2世コンラート3世カール(2世)ジゲベルト2世

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android