ロダンバック

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロダンバック
ろだんばっく
Georges Rodenbach
(1855―1898)

ベルギーのフランス語詩人。トゥールネーの生まれ。ガンの中学時代から詩にひかれ、1878年から1年間パリに出たおり『悪の華』を知り、以後ボードレールの模倣をするが、86年の『白い青春』La Junesse blancheでフランドルの古都の霧の冬景と憂鬱(ゆううつ)な魂の照応の詩法に到達、88年のパリ永住後もペシミズムに彩られた風土性の強い死の夢想を歌い続けた。92年に小説『死都ブリュージュ』Bruges-la-Morteの異国情趣で一躍パリ文壇に名をなした。詩集に『静寂の支配』(1891)、『閉ざされた生』(1896)。マラルメの火曜会参加者の1人。死の直前には自然美と信仰の淡い復活を歌い、世紀末的デカダン精神を脱却した。[遠山博雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android