コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロダンバック ロダンバック Georges Rodenbach

4件 の用語解説(ロダンバックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ロダンバック(Georges Rodenbach)

[1855~1898]ベルギーの詩人。パリに出て象徴派の影響を受ける。故郷フランドル地方の風物に託して、沈鬱(ちんうつ)な夢想的世界をうたった。詩集「白い青春」「沈黙の支配」、小説「死の都ブリュージュ」など。ローデンバック

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ロダンバック【Rodenbach】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロダンバック
ロダンバック

ローデンバック」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロダンバック
ろだんばっく
Georges Rodenbach
(1855―1898)

ベルギーのフランス語詩人。トゥールネーの生まれ。ガンの中学時代から詩にひかれ、1878年から1年間パリに出たおり『悪の華』を知り、以後ボードレールの模倣をするが、86年の『白い青春』La Junesse blancheでフランドルの古都の霧の冬景と憂鬱(ゆううつ)な魂の照応の詩法に到達、88年のパリ永住後もペシミズムに彩られた風土性の強い死の夢想を歌い続けた。92年に小説『死都ブリュージュ』Bruges-la-Morteの異国情趣で一躍パリ文壇に名をなした。詩集に『静寂の支配』(1891)、『閉ざされた生』(1896)。マラルメの火曜会参加者の1人。死の直前には自然美と信仰の淡い復活を歌い、世紀末的デカダン精神を脱却した。[遠山博雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロダンバックの関連キーワードイザイエネルギー代謝熱エネルギーベルギー国立管弦楽団エネルギー学エネルギーレベルエネルギー・レベルヨンゲンベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone