コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペシミズム pessimism

翻訳|pessimism

百科事典マイペディアの解説

ペシミズム

ラテン語malusの最上級pessimum(最悪)からのコールリジの造語で,〈厭世(えんせい)観〉〈厭世主義〉などと訳。オプティミズムに対する。人生や世界がもともと不幸と非合理に満ち,それ以外のあり方はないとする世界観。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペシミズム【pessimism】

ラテン語の形容詞malus(悪い)の最上級pessimumから造られた言葉。通常〈厭世主義〉と訳される。bonus(良い)の最上級optimumから造られたオプティミズム(楽天主義)と対をなす。18世紀初頭にライプニッツが,およそ可能なあらゆる世界のうち,ただ一つ神によって現実化されたこの世界は,最も良い世界だと主張し,その思想がオプティミズムと呼ばれたが,それにならって,19世紀初頭にイギリスのコールリジが物ごとの〈最悪の状態〉を指すためにpessimismという言葉を造った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ペシミズム【pessimism】

物事を悲観的に考える傾向。悲観主義。厭世えんせい主義。厭世観。 ↔ オプチミズム
〘哲〙 世界(人生・歴史)は不合理・無意味であり、それを変えることはできないとみなす態度。さまざまな宗教にも見られるが、哲学学説としてはショーペンハウアーに代表される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペシミズム

厭世観」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペシミズム
ぺしみずむ
pessimism

厭世(えんせい)観、または厭世主義、悲観主義と訳される。「最悪」を意味するラテン語pessimumに由来することば。オプティミズム(最良観、楽天主義)の反対。この地上は悪が支配していて、生きる限り人はこれを根絶できないという考えで、しばしば人生は生きるに値しないという思想に発展していく。紀元前6世紀のギリシアの詩人テオグニスは、「地上の人の世に生まれず、きらめく日の光を見ず、それこそすべてに勝りてよきことなり。されど、生まれしからにはいち早く死の神の門に至るが次善なり……」と歌っている。
 善と悪、光と闇(やみ)という二つの実在を極端に対立させる二元論信仰は、必然的にペシミズムに導かれる。地上における肉体的生存そのものが悪であり、穢(けが)れである以上、人間はこの世に生きる限り救われがたいことになる。肉においてこの世にある限り人間は生殖と死の法則に隷属し、暗黒の世界を抜け出すことができない。この世に救いがあるとするならば、それは死においてだけであろう。死によってだけ、生誕の罪は償われ、一者のなかに、光明に包まれた不分離のなかに、魂が生き返ることができる、ということになる。
 このような厭世思想は、霊肉分離的なオルフィズム(神話上の詩人オルフェウスの創始と伝えられる古代ギリシアの密儀宗教)の教えの影響を受けたギリシア人のうちに、しばしば認められる。近代においてペシミズムの哲学を説いたのはショーペンハウアーで、彼によれば、世界は不合理で、盲目的意志が支配している。人生は苦であり、これからの解脱(げだつ)は、ただ、快楽追求のむなしさを悟り、無欲求の状態、すなわち、全き意志否定によって、現象世界が無に帰するニルバーナ(涅槃(ねはん))の境地に達することによってだけ可能であるというのである。[伊藤勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のペシミズムの言及

【ショーペンハウアー】より

…この世界は考えうるかぎりの最悪の世界だというペシミズムを説いたドイツの哲学者。ハンザ同盟の自由都市ダンチヒ(現,ポーランド領グダンスク)に生まれる。…

※「ペシミズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペシミズムの関連キーワードコンスタンティノス カバフィスニコライ ズラトヴラッキーイレーヌ ネミロウスキーウィルヘルム クラーグジュリアン デュビビエサーデク・ヘダーヤトマシャード アシースラ・ロシュフーコーマシャードデアシスハイリル・アンワルT. ランドルフィチツィアン タビゼオリュンポスの春スルチェフスキーアンドレーエフEC市場統合テトマイエルフォンテナスセナンクールランドルフィ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペシミズムの関連情報