コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッセリ Rosselli, Cosimo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッセリ
Rosselli, Cosimo

[生]1439. フィレンツェ
[没]1507.1.7. フィレンツェ
イタリアの画家。 1453年 N.ビッチの工房に入り,のち B.ゴッツォリに師事し,フィレンツェで活躍。 81年ローマのシスティナ礼拝堂の壁画装飾に参加し『最後の晩餐』ほかを制作。折衷的画風であったが,フィレンツェ派の P.コシモ,A.サルト,F.バルトロメオなどの多くの画家を育てたことで知られる。作品『聖母と2聖人』 (1492,フィレンツェ・アカデミア美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロッセリ【Carlo Rosselli】

1899‐1937
イタリアの戦闘的自由主義者。反ファシスト。北イタリアのユダヤ系の家庭に成長。自由意志を重んじリソルジメント期の自治主義を継承した自由主義から出発し,サルベーミニの影響下にゴベッティの《自由主義革命》誌に協力した。ミラノおよびジェノバ大学で教鞭をとった。マッテオッティ暗殺後,統一社会党入党。弟のネッロ,サルベーミニ,ネンニなどと反ファシズム地下出版活動をする(1924‐26)。1926年トゥラーティの亡命を助けて逮捕され,流刑中に《自由社会主義》(1930)を執筆し,ファシズムとも官僚的・権威的共産主義とも闘いうる社会主義を模索。

ロッセリ【Cosimo Rosselli】

1439‐1507
イタリアの画家。フィレンツェに生まれ,B.ゴッツォリに師事した。15世紀後半のフィレンツェで最も繁盛した工房の一つを経営。その作品はいたずらに細部にこだわり,芸術的価値に乏しい。1481年シクストゥス4世がシスティナ礼拝堂の壁画制作のために招いた画家の一人で,そこで〈最後の晩餐〉など三点を制作した。弟子にフラ・バルトロメオ,ピエロ・ディ・コジモがいる。【鈴木 杜幾子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロッセリの関連キーワードミーノ・ダ・フィエーゾレワイルド・アット・ハートフィレンツェ考古学博物館パラッツォ・ルチェライミノ・ダ・フィエーゾレピエロ・ディ・コジモドキュメンタリー映画ホワイトナイツ/白夜ピッコローミニ宮殿フレッド ウォード無防備都市(映画)フランチェスキーニピエンツァ大聖堂ヌーベル・バーグアルベルティネリブルーベルベットギルランダイオピウス二世広場ネオレアリズモ永遠に美しく…

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android