コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロッソ ロッソ Rosso, Medardo

7件 の用語解説(ロッソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロッソ
ロッソ
Rosso, Medardo

[生]1858.6.20. トリノ
[没]1928.3.31. ミラノ
イタリアの彫刻家。ミラノのブレラ美術学校で絵画を学び,のち彫刻に転じた。 1884年パリに出て J.ダルーのもとで制作。ロダンやドガと知合い,印象派風の代表的彫刻家の一人となり,思いに沈む婦人や病気の子供らの像を好んで制作した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ロッソ
ロッソ
Rosso, Renzo

[生]1926.4. トリエステ
[没]2009.10.21. チボリ
イタリアの小説家。イタロ・ズベーボ,T.マン,ローベルト・ムージルなどの影響を独自のかたちで取り入れた作品が多い。主著『誘惑』L'adescamento (1959) ,『固いとげ』La dura spina (1963) ,『博物館をめぐって』Sopra il museo della scienza (1967) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロッソ(〈イタリア〉rosso)

赤い。赤色。また、赤ワイン。→ビアンコ

ロッソ(Rosso)

モーリタニア南西部の都市。同国第三の規模をもつ。セネガルとの国境に位置する。フランス統治下においてセネガル川を挟んだ南側にある同名のロッソとあわせて一つの都市だったが、独立後に二分された。
セネガル北部の都市。モーリタニアとの国境に位置する。フランス統治下においてセネガル川を挟んだ北側にある同名のロッソとあわせて一つの都市だったが、独立後に二分された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロッソ【Medardo Rosso】

1858‐1928
イタリアの彫刻家。トリノに生まれ,ミラノのブレラ美術学校に学ぶが伝統的な教育法にあきたらず,中退してパリに出る。1889年のパリ万国博覧会への出品で当時の前衛芸術家の賞賛を受け,ロダンと知り合う。やがて2人は不和となるが,その原因は印象主義を彫刻にもちこんだのはどちらが先かということであり,またロダンの《バルザック》を自分のアイデアを盗んだとロッソが怒ったためである。外的現実の流動性を彫刻の肌の表現にもちこんだという点で確かにロッソはロダン以上に〈印象主義的〉であり,それは《ベールをかぶった少女》(1893)などにうかがえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ロッソ【rosso】

赤。赤い。赤色の。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロッソ
ろっそ
Medardo Rosso
(1858―1928)

イタリアの彫刻家。トリノに生まれたがまもなくミラノに移住し、ブレラ美術学校に学ぶ。アカデミックな美術に反発し、スカピリアトゥーラ(世紀末のイタリアの文学運動)のロマン主義に強い影響を受け、石膏(せっこう)、蝋型(ろうがた)、テラコッタなどを用いて絵画的なイメージを三次元に移植しようと試みた。そこでは彫刻は量体として存在を顕示するのではなく、光のなかで対象が雰囲気に浸透するのである。1889年以来パリに滞在し、ロダンや印象主義の風潮のなかで評価された。晩年はミラノで過ごし、同地に没した。[小川 煕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のロッソの言及

【イタリア美術】より

…また地動説はスコラ哲学の基礎であったアリストテレス以来の人文主義的世界観を動揺させ,ルネサンスの基盤は失われる。この危機を代表するものがミケランジェロ,ポントルモ,ロッソ,パルミジャニーノ,ティントレットなど,マニエリスムの芸術である。彫刻ではジャンボローニャGiambologna(1524‐1608)が代表する。…

※「ロッソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロッソの関連キーワードドンナーマリーニメーナイタリアンプレトリア広場トリノ 150トンド・ドーニミラノ・ムジカ吾妻兼治郎ミラノ風

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロッソの関連情報