コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロリス Lorisidae; loris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロリス
Lorisidae; loris

霊長目ロリス科の動物の総称。ドウケザルともいう。眼が大きく,足の第2指には鉤爪がある。尾は退化してまったくないか,あるいはごく短い。夜行性樹上性で動作がのろく,木の枝などにしっかりつかまりながらゆっくりと行動する。スローロリススレンダーロリス Loris tardigradusが東南アジアに,ポットほか1種がアフリカに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロリス(loris)

霊長目ロリス科の一群哺乳類。子猫大の原猿で、尾はなく、目が大きい。樹上で暮らし、夜行性。動作はふだんは緩慢。昆虫や葉・実などを食べる。東南アジア産のスローロリス、スリランカ産のスレンダーロリスなど。道化猿。のろまざる。けっかい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロリス

ノロマザルとも。霊長目ロリス科のうちホソロリス(スレンダーロリス)とスローロリスをさす。ホソロリスは頭胴長25cm前後。尾はない。眼が大きく,色は淡灰ないし赤っぽい。
→関連項目サル(猿)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロリス【lorise】

霊長目ロリス科Lorisidaeの原猿の総称。ロリス科はロリス亜科とガラゴ亜科に分けられる。ロリス亜科には,東南アジアに生息するスローロリスNycticebus coucang(イラスト),インドに生息するホソロリス(スレンダーロリス)Loris tardigradus(イラスト),カメルーンからナイジェリアにかけて生息するアンワンティボArctocebus calbarensis(イラスト),ギニアからビクトリア湖にかけて生息するポットーPerodictics potto(イラスト)の4属4種が含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロリス【loris】

霊長目ロリス科ロリス亜科の哺乳類の総称。ホソロリス・スロー-ロリスなど四種がある。いずれも頭胴長25~30センチメートルで、目が大きく、動作は緩慢。小動物や果実を食べる。夜行性。熱帯雨林に分布。ノロマザル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロリス
ろりす
loris

哺乳(ほにゅう)綱霊長目ロリス科ロリス亜科に属する動物の総称。この亜科の仲間は、インドから東南アジアにすむ子ネコ大の原猿で、3種があり、ホソロリス属Lorisとスローロリス属Nycticebusに分けられる。前肢第2指は退化し、後肢第2指だけに鉤(かぎ)づめがみられる。前歯部は櫛(くし)の歯状を呈し、歯式は

で計36本。顔は平面的で大きな目が前向きにつく。尾はほとんどなく、あっても体毛に隠れて見えない。動作の緩慢な夜行性樹上生活者で、尿によるマーキング行動を行う。昼間は木のうろや葉の茂みの中で過ごし、枝に止まって眠るときは、体軸を垂直にして四肢で枝につかまり、頭を胸にうずめるようにして丸くなる。雑食性で、小動物をとらえる際はすばやい動きをみせ、昆虫、小形爬虫(はちゅう)類、鳥の卵、果実、葉などを食べる。原則として単独で生活するが、ペアでみられることもあり、ポットーなどと同様に、各雄は1頭ないしそれ以上の雌の行動域を覆うように縄張りを構えているものと思われる。[上原重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロリスの関連キーワードアルメニア・フィルハーモニー管弦楽団Loris tardigradusアレクサンドル3世ブッシュベービージャン・ド・マンアンワンティボベン スピーズショウガラゴアレンガラゴアンワンチボ化石霊長類ノロマザル薔薇物語鈍間猿霊長類原猿類

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android