ロンゴス(英語表記)Longos

百科事典マイペディアの解説

ロンゴス

2―3世紀のギリシアの作家。《ダフニスとクロエ》の作者として有名なほかは伝記不明。この物語はレスボス島を舞台に少年少女が見染め合い愛し合い,幾多の障害の後にやっと結ばれるという話で,田園を背景に繰り広げられる純真無垢(むく)な恋物語(牧人小説)。近代にも愛読者は多く,ラベルの組曲がある。
→関連項目ダフニス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロンゴス【Longos】

紀元後2~3世紀ごろのギリシアの小説家。生没年不詳。その生涯についてはほとんど何もわからず,作品も《ダフニスとクロエ》の題で知られる小説がひとつ残されているだけである。作品の舞台がレスボス島になっていることから,レスボス島の出身と考えられている。牧人小説の祖として重要で,ベルナルダン・ド・サン・ピエールの小説《ポールとビルジニー》やM.ラベルの組曲《ダフニスとクロエ》など近代の文芸・音楽に与えた影響は大きい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ロンゴス【Longos】

二~三世紀頃のギリシャの小説家。エーゲ海上のレスボス島を舞台に、少年少女の恋を描いた牧歌的作品「ダフニスとクロエー」一作が現存。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンゴス
ろんごす
Longos

生没年不詳。2~3世紀ごろの古代ギリシアの小説家。レスボス島の出身と考えられるが伝記は明らかでない。レスボスの農園を舞台にとり、貧しい牧人として育てられた身分のよい少年と少女が、多くの障害に耐えたのち幸福に結ばれる恋愛物語『ダフニスとクロエ』の作者とされる。この作品は牧歌的な叙情性で後世に大きな影響を与えた。[引地正俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロンゴスの言及

【ダフニスとクロエ】より

…古代ギリシアの作家ロンゴスによって後2~3世紀ごろ書かれたと伝えられる牧歌的小説。物語の舞台はレスボス島に設定され,全4巻から成る。…

※「ロンゴス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android