コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンバルド Lombardo, Pietro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンバルド
Lombardo, Pietro

[生]1435. カロナ
[没]1515. ベネチア
イタリアの彫刻家建築家。 1464~67年にパドバで活躍。 67年頃ベネチアに定住し工房を開き,建築,記念碑などを制作した。 98~1515年はベネチアの宮廷に仕えた。作品はサンタ・マリア・デイ・ミラコーリ聖堂 (1489) ,サンティ・ジョバンニ・エ・パオロ聖堂の墓碑。

ロンバルド
Lombardo, Tullio

[生]1455頃
[没]1532
イタリアの彫刻家,建築家。 P.ロンバルドの長男。ベネチアで生れ,ベネチア古典様式を代表する彫刻,建築作品を残した。作品はラベンナの『G.ギダレリ像』 (1525) ,ベルノ大聖堂の設計 (17) 。息子のサンテ (1504~60) も建築家となった。

ロンバルド
Lombardo, Antonio

[生]1458頃
[没]1516
イタリアの彫刻家,建築家。 T.ロンバルドの弟。彫刻家としては兄より繊細な作風をもち,ベネチアで活躍したが,1506年にフェララに工房を移し,エステ侯に仕えた。作品はカメリニ・アルバストロの神話などの浮彫

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ロンバルド

ランゴバルド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンバルド
ろんばるど
Pietro Lombardo
(1435―1515)

イタリアの建築家、彫刻家。ロンバルディアの出身で、おそらくトスカナ地方で修業したものと推測されるが、1464年にパトバのサンタントニオ聖堂にロッセッリ家の記念墓碑を制作したのち、ベネチアに定住し、旺盛(おうせい)な制作活動を続けた。81年に着工したサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ聖堂が彼の代表作であるが、これは小さいながらベネチア風ビザンティン様式とルネサンス様式が巧みに折衷された典雅な建造物である。この聖堂の造営以降、息子のトゥリオTullio(1455―1532)とアントニオAntonio(1458―1516ころ)が終始彼に協力して墓碑、宗教彫刻、建築を残し、ベネチアの美化に大いに貢献したが、その分担や協同の割合は明確ではない。[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のロンバルドの言及

【風】より

…冬から春に多く,冷たくて乾燥した風で,性質はアドリア海のボラに似ているが,ボラよりはいくぶん穏やかである。 ロンバルドlombardoアルプスのイタリア側の斜面を上昇し,フランス側へ吹き降りる一種のフェーン。【花房 竜男】。…

※「ロンバルド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ロンバルドの関連キーワードサンタ・マリア・デイ・ミラーコリ聖堂サンタマリアデイミラーコリ教会ウルリヒ[シュトラスブルク]スクオラ・ディ・サン・マルコトマス[シュトラスブルク]イタリア・オーストリア戦争アレクサンデル・ハレンシスペトルス・ロンバルドゥスジュゼッペ シニョーリロンバルド=ベネト王国ドゥンス・スコトゥスマリア・ラーハ修道院セントマグヌス大聖堂インノケンチウス5世チェルトーザ修道院ロンバルディア人リソルジメントルネサンス美術ベーコンソープロマネスク美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロンバルドの関連情報