コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロンボク海峡 ロンボクかいきょうSelat Lombok

4件 の用語解説(ロンボク海峡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロンボク海峡
ロンボクかいきょう
Selat Lombok

インドネシア南部,小スンダ列島バリ島ロンボク島の間をなす海峡。インド洋とバリ海を結ぶ。水深が大きく 50万t級タンカーが航行できるため,インド洋から北方のマカッサル海峡を経て太平洋に出る重要な航海路となっている。また東アジアオーストラリア動物分布の境界としてウォレス線が引かれたことでも知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ロンボク‐かいきょう〔‐カイケフ〕【ロンボク海峡】

Selat Lombok》インドネシア中部、小スンダ列島バリ島ロンボク島を隔てる海峡。インド洋とフロレス海を結ぶ。最狭部の幅約20キロメートル。水深は1000メートル以上あり、大型タンカーの通行も可能。東南アジアオセアニア生物地理区の境界であるウォーレス線が通る。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ロンボクかいきょう【ロンボク海峡 Selat Lombok】

インドネシア中部,小スンダ列島のバリ島とロンボク島の間の海峡。幅約35kmの狭小な海峡であるが,インド洋とフロレス海西部を結ぶ重要な水路である。海流は季節風により方向が変わる。水深は1000mを超え,日本と西アジアを往復する巨大タンカーは浅いマラッカ海峡よりこの海峡を通ることが多い。アジア系生物とオーストラリア系生物との居住の境界を示すウォーレス線が通ることで知られる。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロンボク海峡
ろんぼくかいきょう
Selat Lombok

インドネシア中部、小スンダ列島のバリ島とロンボク島の間の海峡。インド洋とフロレス海を結ぶ。幅は約35キロメートルと狭いが、水深は1300メートル内外と相当に深い。中東産油諸国と日本を往復する大型タンカーは、マラッカ海峡の通行規制以来ここを通ることが多くなった。海流は季節風により変化する。バリ島のアグン火山(3142メートル)とロンボク島のリンジャニ火山(3775メートル)は、航路のよき目標である。生物学上のワラス線が通る。[上野福男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロンボク海峡の関連情報