コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローゼンブッシュ ローゼンブッシュ Rosenbusch, Karl Heinrich Ferdinand

3件 の用語解説(ローゼンブッシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローゼンブッシュ
ローゼンブッシュ
Rosenbusch, Karl Heinrich Ferdinand

[生]1836.6.24. アインベック
[没]1914.1.20. ハイデルベルク
ドイツの岩石学者。シュトラスブルク大学教授 (1873) を経て,ハイデルベルク大学教授となり (78) ,30年以上もその地位にあって,世界中から多くの学生を集めた。バーデン地質調査所所長も兼ねた (88~1907) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローゼンブッシュ

ドイツの岩石学者。ハノーファー生れ。ハイデルベルク大学教授。《主要造岩鉱物顕微鏡記載学》(1873年),《火成岩の顕微鏡記載学》(1877年),《岩石学綱要》(1898年)などを著し,ツィルケルとともに顕微鏡による記載岩石学を樹立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローゼンブッシュ
ろーぜんぶっしゅ
Karl Harry Ferdinand Rosenbusch
(1836―1914)

ドイツの岩石学者。ハイデルベルク大学教授。イギリスソルビーが創始した偏光顕微鏡による岩石薄片の記載的研究を集大成した。1873年に『重要造岩鉱物の顕微鏡下における諸性質』、1877年には大著『塊状岩石の顕微鏡岩石学』を著した。これらはツィルケルFerdinand Zirkel(1838―1912)の著書とともに、19世紀における岩石記載学の集大成をなすものである。また、変成岩研究の分野では動力変成作用の概念の提唱、シュタイゲル片岩の接触変成作用の研究などの業績がある。とくに後者は、変成作用に際して岩石の化学的組成は事実上変化しないことを明らかにしたもので、近代的変成論の基礎の一つとなった。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローゼンブッシュの関連キーワードウーレンベックキーンベック病シフォンベルベットツインベッドハーゲンベックカシンベック病ダンベッグ砦アイン ブラックアインベッカーノンアルコール飲料オルンシュタイン=ウーレンベックのブラウン運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone