コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロートシルト Rothschild

翻訳|Rothschild

世界大百科事典 第2版の解説

ロートシルト【Alphonse de Rothschild】

1827‐1905
フランスのユダヤ系銀行家。パリ・ロートシルト商会の初代,ジェームズの長男。フランス銀行理事(1855)のほか,北部鉄道をはじめとする多数のロートシルト商会関連企業の重役を務めた。1868年に父の跡を継いでパリ・ロートシルト商会の当主になり,1905年まで,グスタブ,エドモンの2人の弟とともに家業の金融業に従事した。アルフォンスが活躍した19世紀末は,株式銀行の発展期に当たっており,ロートシルト商会のような個人銀行の活動の場は急速に狭められつつあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロートシルトの関連キーワードオーパスワンロスチャイルド[家]A. ロートシルトボルドーワインペレール兄弟権威帝政第二帝政

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロートシルトの関連情報