ローマ賞(読み)ローマしょう(英語表記)Prix de Rome

世界大百科事典 第2版の解説

ローマしょう【ローマ賞 Prix de Rome】

コルベールが創設したフランスの若い芸術家に与えられる賞で,ローマのフランス・アカデミー(1803年よりビラ・メディチ)への約3年間の留学を伴うもの。1663年以来,形を変えつつ今日まで続いている。コンクール形式による。たとえば絵画部門では,1次試験に合格した者は,アカデミーにより与えられた課題を隔離された場所で4日以内に習作にする。これを3ヵ月以内に大作品に仕上げるというものである。課題は神話,聖書,寓意などから取られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android