ローマ賞(読み)ローマしょう(英語表記)Prix de Rome

世界大百科事典 第2版の解説

ローマしょう【ローマ賞 Prix de Rome】

コルベールが創設したフランスの若い芸術家に与えられる賞で,ローマのフランス・アカデミー(1803年よりビラ・メディチ)への約3年間の留学を伴うもの。1663年以来,形を変えつつ今日まで続いている。コンクール形式による。たとえば絵画部門では,1次試験に合格した者は,アカデミーにより与えられた課題を隔離された場所で4日以内に習作にする。これを3ヵ月以内に大作品に仕上げるというものである。課題は神話,聖書,寓意などから取られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローマ賞の関連情報