コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ・ガラス Roman glass

1件 の用語解説(ローマ・ガラスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ローマ・ガラス【Roman glass】

ローマ時代にローマ帝国領内で作られたガラス器の総称。前1世紀に吹きガラス技法がローマ帝国領内の地中海東海岸のガラス産地で発明されてから,ローマ帝国が東西に分裂する4世紀まで,現在のシリアエジプト北岸,スペインイタリアフランスドイツイギリス地方で作られたガラスをローマ・ガラスと呼び,それ以降の5~6世紀の東・西ローマ帝国領内で作られたガラスを後期ローマ・ガラスと呼ぶ。生産地の名称をつけて,シリア・ガラス,ゴール・ガラス,フランク・ガラス,アングロ・サクソン・ガラスなどと呼称されることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のローマ・ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…とりわけ前3世紀ころよりミルフィオリ・グラス(千の花のガラスの意)と呼ばれる華麗な総花柄文様のモザイク・ガラス器や細密な人物・動物・植物・幾何学文様を断面に作りだしたモザイク装飾板などがアレクサンドリアを中心に生産され,ガラス工芸最大の中心地となっていった。
[ローマ・ガラス]
 その後ローマ帝国が出現して,アフリカ北岸地帯から地中海東岸地帯はその属領に入り,アレクサンドリアからシリア海岸一帯がガラス工芸の中心地となった。そして前1世紀中ごろ,シリアのシドン周辺のガラス工房で〈吹きガラス〉の技法が発明され,ガラス器製造に一大生産革命を巻き起こした。…

※「ローマ・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ローマ・ガラスの関連キーワード神聖ローマ帝国大秦西ローマ帝国東ローマ帝国ローマンローマの七丘古代ローマ帝国シリフケ城中世ローマ帝国ローマンブリテン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローマ・ガラスの関連情報