コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローマ・ガラス Roman glass

世界大百科事典 第2版の解説

ローマ・ガラス【Roman glass】

ローマ時代にローマ帝国領内で作られたガラス器の総称。前1世紀に吹きガラス技法がローマ帝国領内の地中海東海岸のガラス産地で発明されてから,ローマ帝国が東西に分裂する4世紀まで,現在のシリア,エジプト北岸,スペイン,イタリア,フランス,ドイツ,イギリス地方で作られたガラスをローマ・ガラスと呼び,それ以降の5~6世紀の東・西ローマ帝国領内で作られたガラスを後期ローマ・ガラスと呼ぶ。生産地の名称をつけて,シリア・ガラス,ゴール・ガラス,フランク・ガラス,アングロ・サクソン・ガラスなどと呼称されることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のローマ・ガラスの言及

【ガラス工芸】より

…とりわけ前3世紀ころよりミルフィオリ・グラス(千の花のガラスの意)と呼ばれる華麗な総花柄文様のモザイク・ガラス器や細密な人物・動物・植物・幾何学文様を断面に作りだしたモザイク装飾板などがアレクサンドリアを中心に生産され,ガラス工芸最大の中心地となっていった。
[ローマ・ガラス]
 その後ローマ帝国が出現して,アフリカ北岸地帯から地中海東岸地帯はその属領に入り,アレクサンドリアからシリア海岸一帯がガラス工芸の中心地となった。そして前1世紀中ごろ,シリアのシドン周辺のガラス工房で〈吹きガラス〉の技法が発明され,ガラス器製造に一大生産革命を巻き起こした。…

※「ローマ・ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ローマ・ガラスの関連キーワードポートランド・バーズガラス工芸

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android