コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローランサン ローランサン Laurencin, Marie

6件 の用語解説(ローランサンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローランサン
ローランサン
Laurencin, Marie

[生]1883.10.31. パリ
[没]1956.6.8. パリ
フランスの女性画家。アカデミー・アンベールで学ぶ。 1905年頃 G.ブラックを知り,彼を通してピカソアポリネールらと交わるようになる。 1912年最初の個展を開いて認められ人気作家となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ローランサン(Marie Laurencin)

[1885~1956]フランスの女流画家。甘美で繊細な少女像を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローランサン

フランスの女性画家。パリ生れ。ユンベールのアトリエで学び,のちアポリネールを通じてキュビスムを知る。その影響下に装飾的で繊細な画風を確立し,淡い色調で描いた優雅な作品を残した。
→関連項目ニジンスカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローランサン【Marie Laurencin】

1885‐1956
フランスの女流画家。生地パリで学び,同地で活躍。ピカソ,ブラック,アポリネールらキュビスム周辺の芸術家と交友し,その影響をこうむった。しかし作品の多くは,夢見るような娘たちの姿を淡い色彩を用いて描き出した少女趣味的なもので,形態や線の扱いにキュビスム的要素がいくらかうかがわれるものの,本質的にはキュビスムの造型思考とは異質であった。油彩画のほか,版画,挿絵,織物の下絵などを制作し,またバレエ・リュッスコメディ・フランセーズなどの舞台装飾も手がけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ローランサン【Marie Laurencin】

1883~1956) フランスの女流画家。淡い優雅な色調で幻想的な少女像を描いた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローランサン
ろーらんさん
Marie Laurencin
(1883―1956)

フランスの女流画家。私生児としてパリに生まれる。1902年、磁器の絵付(えつけ)の講習に通い始め、その2年後には画家を志してアンベール画塾の門をたたいた。そこでアカデミックな写実の技法を学ぶとともに、ブラックの知遇を得る。07年、ラフィット街の画廊でピカソと知り合い、彼を介して詩人アポリネールと運命的な出会いをする。アポリネールとの波瀾(はらん)に富んだ恋愛関係は5年間続いたが、それはローランサンの芸術的展開にとっても決定的な意味をもつものであった。アポリネールはキュビスムの画家たちを積極的に支援する文章をものし、一方彼女は当時のもっとも前衛的なこの絵画運動のただ中で伝統的な画法から脱皮し、キュビスティックな画風を展開させた。2人の関係はアンリ・ルソーの肖像画『詩人に霊感を与えるミューズ』に描かれている。しかし、2人の恋にもやがて破綻(はたん)が訪れ、それを契機に彼女は独自の道を歩むようになった。14年、ドイツ人フォン・ベッチェン男爵とパリで結婚、しかしほどなく第一次世界大戦が勃発(ぼっぱつ)。結婚によってドイツ人となったローランサンは亡命を余儀なくされ、以後5年間スペインで亡命生活を送る。終戦後ドイツに移ったが、21年に男爵と離婚、パリにふたたび居を構え、心の平静を取り戻す。彼女はバラ色と青と灰色を基調にひたすら女性的世界を描き続け、パリで没した。[大森達次]
『マルシェッソー編著、大森達次訳『マリー・ローランサン』(1980・求龍堂) ▽八重樫春樹編『現代世界の美術15 ローランサン』(1985・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローランサンの関連キーワード清原雪信女イルドフランスブラックモンペイネパリジャンフランスパンオルナンフランスソワールバシュキルツェフル・シュウール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ローランサンの関連情報