コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロー対ウェード裁判 ローたいウェードさいばんRoe v. Wade

翻訳|Roe v. Wade

1件 の用語解説(ロー対ウェード裁判の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロー対ウェード裁判
ローたいウェードさいばん
Roe v. Wade

1973年,それまでアメリカ合衆国で違法とされていた妊娠中絶を女性の権利と認め,人工妊娠中絶を不当に規制する州法を違憲とする連邦最高裁判所の判決がくだされた裁判。人工妊娠中絶合法化の契機となった。1970年テキサス州の連邦地方裁判所で始まった人工妊娠中絶の是非をめぐる裁判で,原告のジェーン・ロー(仮名)は「女性は妊娠を終わらせるかどうかを決定する権利を有し,よって中絶の権利は女性の基本的な権利である」として中絶を禁止する州法は違憲であると主張。これに対してダラス地方検事ヘンリー・ウェードは「中絶を禁止することによって母体と胎児の生命を保護することは州の義務であり,責任である」として中絶を禁止する州法を擁護した。連邦地方裁判所は「中絶のほとんどのケース(母体の生命保護を目的とする以外の中絶手術)を犯罪とするテキサス州法は,憲法で保障されている女性のプライバシーの権利を侵害している」として「中絶を著しく制限するテキサス州法は違憲である」との判決をくだした。1973年連邦最高裁判所もこの判決を支持。それまで人工妊娠中絶に対して厳しい法規制をしいていたアメリカにおいて,条件つきながらも人工妊娠中絶を初めて容認した画期的な判決であった。人工妊娠中絶は,その是非や中絶の条件がその後何度も法廷で争われたが,国民の意見の一致にはいたらず,いわゆる「中絶論争」として中絶賛成派(プロチョイス)と反対派(プロライフ)が論争を繰り広げている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロー対ウェード裁判の関連キーワードポセイドンあべ静江誠直也バビル2世自動車工業造船業中南米映画扶養義務惑星探査機文学賞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone