ワカティプ湖(読み)ワカティプこ(英語表記)Lake Wakatipu

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワカティプこ【ワカティプ湖】

ニュージーランド南島の町クイーンズタウンに面した湖。1000年前に氷河で造られ、北はグレノーキーから南はキングストンまで、全長約80kmにわたって細長いS字形を描いているのが特徴である。天候や季節によって、1日に何度も水位や湖水の色が変化する。マオリの伝説では、湖を巨人にたとえ、その心臓鼓動によって水位が変化するといわれている。湖畔に迫るリマーカブル連峰の眺めも雄大で、釣りやカヌーなどの水上アクティビティ、蒸気船アーンスロー号での湖上遊覧も楽しめる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワカティプ湖
わかてぃぷこ
Lake Wakatipu

ニュージーランド南島南西部に位置する氷食湖。北西―南東方向にS字形をしている。面積は293平方キロメートルで、この国第3位である。湖面の標高312メートル、最大水深378メートル。南島有数の景勝地で、北岸に観光基地クイーンズタウンQueenstownがある。近くのコロネット峰のスキーと湖上遊覧で名高い。

[浅黄谷剛寛]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例