コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワガドゥーグー ワガドゥーグー Ouagadougou

2件 の用語解説(ワガドゥーグーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワガドゥーグー(Ouagadougou)

西アフリカのブルキナファソの首都。同国の中央部に位置し、コートジボワール港湾都市アビジャンと鉄道で結ばれる。11世紀よりモシ族の王都になり、独立後も首都が置かれた。ラッカセイなど農産物の集散地。人口、行政区148万(2006)。ワガドゥグー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワガドゥーグー
わがどぅーぐー
Ouagadougou

西アフリカの内陸国ブルキナ・ファソの首都。全土がサバンナのこの国のほぼ中央部に位置し、コートジボワールの都市アビジャンを起点とするラン鉄道の終点である。人口70万9736(1996)。11世紀以来、国の人口の半分を占めるモシ人の王都であった。独立後、この国の政治、経済、文化、交通の中心となり、独立時の人口3万から急速に人口が増加した。とくに干魃(かんばつ)などによる農村からの流入が著しい。中心市街地は近代的な街区で、官庁、学校、病院、商店、市場、高級住宅、競技場、総合大学などがある。食品、繊維、皮革、機械などの工業が立地する。周辺は綿花、ラッカセイ、雑穀の栽培や牧畜を行う農業地帯である。[藤井宏志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワガドゥーグーの関連キーワードオートボルタトーゴ西アフリカウィントフークブルキナファソバラフォンワガドゥグブアケシアブルキナ・ファソ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone