コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシントン州 ワシントンWashington

翻訳|Washington

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシントン〔州〕
ワシントン
Washington

アメリカ合衆国北西部,太平洋岸に面する州。州都はオリンピア。太平洋岸に海岸山脈,その東にカスケード山脈がそれぞれ平行して南北に連なる。カスケード山脈の東からロッキー山系の西麓にかけては広大なコロンビア盆地が広がり,コロンビア川とその支流が大きく屈曲しながら流れる。月平均気温2℃ (最寒月) ~20℃ (最暖月) ,年降水量 1000mmで,西岸海洋性の気候を呈する。山地には,エゾマツ,アメリカスギ,ダグラスモミなどの針葉樹が生育し,オリンピック国立公園レーニア山国立公園などがある。 18世紀の後半,北西航路の発見を目指して探検が始り,1778年の J.クック,92年の G.バンクーバーなどの航海が行われた。その後毛皮商人や開発会社の取引所などができたが,1853年アメリカ合衆国領となり,89年第 42番目の州となった。豊富な森林資源を利用して木材加工,パルプ・製紙業が発達。農業はコムギ栽培のほかリンゴ,ナシ,ブドウなどの果樹栽培が行われる。沿岸部では,サケ,マス,オヒョウを中心とする漁業が盛んである。工業も製材,パルプ,食品加工など,原料指向型のものが主であったが,第2次世界大戦後,ボーイング社による航空機とその部品の製作が主要工業となり,豊富な電力を利用するアルミニウム精錬業も盛んになった。太平洋岸に面するため,カナダ西岸はもちろん,アラスカおよびアジア諸国との関係が密接で,人口1人あたり輸出額は,アメリカ合衆国内で最高の州である。面積 17万6365km2。人口 672万4540(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ワシントン(Washington)

アメリカ合衆国の首都。メリーランド・バージニア両州の境のポトマック川沿いにあり、州に属さず、コロンビア特別区をなす政府直轄地。初代大統領ワシントンが首都に選んだ計画都市。連邦議事堂・ホワイトハウスペンタゴンリンカーン記念堂などがある。人口、行政区59万(2008)。ワシントンD.C.。
[補説]「華盛頓」とも書く。
アメリカ合衆国北西部、太平洋に面する州。北はカナダに接し、南をコロンビア川が流れる。州都オリンピア。森林が多く、製材・製紙や航空機工業が盛ん。→アメリカ合衆国補説

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ワシントン州の関連キーワードセンチュリーリンク・フィールドチャールズ・グレン キングセントヘレンズ火山国定公園マウント・レーニア国立公園Saint Helensシアトル・タコマ国際空港マウントトルミー展望台フアン・デ・フカ海峡セーフコ・フィールドグランドクーリーダムフラッタリー[岬]ハンフォード核施設スポケーン交響楽団Microsoftフリードランダーピュージェット湾カスケードループゲーリー ロックシアトル交響楽団スペースニードル

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワシントン州の関連情報