ワモンゴキブリ(英語表記)Periplaneta americana; American cockroach

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワモンゴキブリ
Periplaneta americana; American cockroach

ゴキブリ目ゴキブリ科。大型のゴキブリで,暖地の衛生害虫として知られる。体長は雄 35mm内外,雌 33mm内外。体は赤褐色で,前胸背に黄白色の輪紋 (わもん) が目立つ。肢,触角は長く,特に肢のとげが目立つ。雄の翅は 30mm内外,雌の前翅はやや短い。尾角は角状で大きく,左右のものが「八」の字状に開く。雌雄とも肛上板は突出し,中央広く二分する。雑食性。世界の熱帯,亜熱帯に分布し,原産地はアフリカといわれる。日本では琉球列島,小笠原諸島に普通であるが,北へ分布を広げ,鹿児島,長崎,熊本,和歌山などの各県からも記録され,北海道の病院でみられたこともある。 (→ゴキブリ類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワモンゴキブリ
わもんごきぶり / 輪紋蜚
American cockroach
[学]Periplaneta americana

昆虫綱ゴキブリ目ゴキブリ科に属する昆虫。前胸背板に黄色輪紋をもつ赤褐色の地色をした大形のゴキブリで、世界の熱帯・亜熱帯にみられる屋内の大害虫として著名。夜行性で、夜間の活動ぶりは甚だしく、家屋内のみならず、人家周辺などにもはびこる。体長は35ミリ前後、前翅(ぜんし)長30ミリ前後。前胸背板の紋は大小の変異がある。触角は長く、脚(あし)の棘(とげ)はよく目だち、また雄の尾角(びかく)は長大。雑食性。アフリカから広がったといわれ、日本では南西諸島、小笠原(おがさわら)諸島に普通にみられるが、物について広がる傾向があり、鹿児島、熊本、長崎、和歌山などの諸県に出現し、近年、暖房の発達により、北海道の病院に定着した例もある。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワモンゴキブリの関連情報