コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラス ワラスHuaraz

3件 の用語解説(ワラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラス
ワラス
Huaraz

別綴 Huarás。ペルー中部,アンカシュ県の県都。首都リマの北約 300km,アンデス山脈中を北北西流するサンタ川にのぞみ,標高約 3050m。古くからインディオの文化が栄えた地で,その集落跡にスペイン人が建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワラス【Huarás】

ペルー中西部,アンカッシュ県の県都。人口6万5600(1990)。オクシデンタル山脈中のサンタ川のつくる峡谷カエホン・デ・ワイラスの中心部にある。標高3028m。付近で産出する小麦,トウモロコシなどの農産物の集散地。銀,銅,鉛の鉱山もある。1941年氷河の融水による水害,70年の地震で大きな被害をうけた。ワスカラン山をのぞむ観光地でもある。チャビン文化の遺物を集めた博物館がある。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワラスの関連情報