コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワラス ワラス Huaraz

3件 の用語解説(ワラスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワラス
ワラス
Huaraz

別綴 Huarás。ペルー中部,アンカシュ県の県都。首都リマの北約 300km,アンデス山脈中を北北西流するサンタ川にのぞみ,標高約 3050m。古くからインディオの文化が栄えた地で,その集落跡にスペイン人が建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワラス(Huaraz)

ペルー中部の高原都市。同国最高峰ワスカラン山をはじめ、アンデス山脈ブランカ山群の山々に囲まれる。世界遺産に登録されたワスカラン国立公園チャビン‐デ‐ワンタル遺跡への観光拠点としても知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワラス【Huarás】

ペルー中西部,アンカッシュ県の県都。人口6万5600(1990)。オクシデンタル山脈中のサンタ川のつくる峡谷カエホン・デ・ワイラスの中心部にある。標高3028m。付近で産出する小麦,トウモロコシなどの農産物の集散地。銀,銅,鉛の鉱山もある。1941年氷河の融水による水害,70年の地震で大きな被害をうけた。ワスカラン山をのぞむ観光地でもある。チャビン文化の遺物を集めた博物館がある。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ワラスの関連キーワードアレキパチンボテロシュワヌコワンカベリカワンカヨマッシュルームカットペルービアン・インカ・オーキッドイーカペルビアン・ステッパー種 (Peruvian Stepper)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワラスの関連情報