コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルタリ ワルタリWaltari, Mika Toimi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルタリ
Waltari, Mika Toimi

[生]1908.9.19. ヘルシンキ
[没]1979.8.26. ヘルシンキ
フィンランドの小説家。大学教授の子として生れ,17歳で創作を始め,ヘルシンキ大学で神学と哲学を学ぶかたわら小説を発表して,文壇の注目を集めた。その後,翻訳,小説,戯曲,詩にと精力的な活動を続けた。初め近代文芸運動「火を掲げる者」グループで活躍,『大いなる幻想』 Suuri illusioni (1928) が出世作となった。ドラマチックな『見知らぬ男が家に来た』 Vieras mies tuli taloon (37) が最高傑作とされているが,その名を世界的にしたのは古代文化史的歴史小説群で,古代エジプト人医師の失意を描いた『エジプト人シヌヘ』 Sinuhe,egyptiläinen (45) ,エトルリアの古代史を背景に信教と哲学を主題とする『不死のトゥルムス』 Turms,kuolematon (55) などの大河小説が国外でベストセラーになった。フィンランドアカデミー会員。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ワルタリ

フィンランドの作家。近代フィン文学運動の代表者。大小数十編の作品は,エロティシズム,推理,社会風刺,文化史,歴史など,あらゆる分野にわたり,小説は《大きな幻想》,《見知らぬ男が家へやってきた》(1937年),《ミカエル・ハキム》《人類の敵》など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワルタリ【Mika Toimi Waltari】

1908‐79
フィンランドの作家。父は大学の宗教学講師。神学,文学を学びながら17歳で宗教的作品によって文壇に登場。大学3年時に遊学先のパリから書き送った《大きな幻想》(1928)が出世作となった。〈火を掲げる者〉グループの作家らしく,かすかなロマンティシズムリアリズムで青年の苦悩を描いている。ドラマティックな心理小説や風刺小説を残したが,長編歴史小説で国際的名声を得た。古代エジプトを背景に社会の破滅に立ち向かい失意に陥る医師を主人公にした《エジプト人シヌへ》(1945)は,第2次大戦後の人間不信の世相下,多くの人々の心をいやした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワルタリ
わるたり
Mika Toimi Waltari
(1908―1979)

フィンランドの小説家、劇作家。ヘルシンキの生まれ。17歳で創作を始め、学生時代に神学と文学を学びながら処女作『大きい幻想』(1928)を発表して文壇の注目を集めた。「火を掲げる者」グループの作家らしく、かすかなロマンチシズムとリアリズムで青年の苦悩を描いた。のち翻訳、推理小説、社会風刺小説、歴史小説、戯曲、詩と精力的な活動を続け、100冊以上の著訳書をもつ。しかし、その本領は文化史的歴史小説で、古代エジプトを舞台にした『エジプト人シヌヘ』(1945)、エトルリアの古代史を背景に信教と哲学をテーマとする『不死のトゥルムス』(1955)などは、新歴史小説の到来とまでいわれ、とくにアメリカでベストセラーになった。フィンランド・アカデミー会員。[高橋静男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワルタリの関連キーワード国木田独歩監獄法新聞小説光緒帝クリーマーロマンワインガルトナー井上光ウェルニーエアトン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone