コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデWalther von der Vogelweide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデ
Walther von der Vogelweide

[生]1170頃
[没]1230頃.ウュルツブルク?
中高ドイツ語時代の抒情詩人。騎士階級の出身で,低部オーストリアの生まれとされている。ウィーンのバーベンベルク家の宮廷で教養を身につけ,ラインマール・フォン・ハーゲナウに師事してミンネザングを修業。のち師と対立し,1198年から封土を求めてヨーロッパ各地の宮廷を遍歴,最後に皇帝フリードリヒ2世に仕え,1220年頃ウュルツブルク近辺に待望の小さな封土を与えられた。従来の伝統的なミンネザングの枠をこえて,身分の低い娘への愛,いわゆる「低きミンネ」 Niedere Minneを賛美する一方,多くの優れた政治的格言詩,宗教詩を書き,当時の政治,道徳,カトリックの腐敗を嘆き批判した。特に皇帝とローマ教皇との争いに関しては,痛烈に教皇を攻撃した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデの関連キーワードゴットフリート・フォン・シュトラスブルクナイトハルト[ロイエンタールの]ウォルフラム[エッシェンバハの]ワルトブルクの歌合戦ミンネゼンガーミンネジンガードイツ文学ウーラントブルダハワルター

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android