コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワルデン Paul Walden

世界大百科事典 第2版の解説

ワルデン【Paul Walden】

1863‐1957
ラトビアの化学者。リガ工業大学に入り,F.W.オストワルトのもとで電気化学の研究を始めたが,オストワルトがライプチヒ大学へ移った後,C.A.ビショップの助手となり有機化学を研究した。リガ工業大学教授,リガのラトビア大学初代学長を務めたのち,革命後,ドイツに行きロストク大学教授となる(1919)。第2次大戦中フランクフルト・アム・マインに移住し,チュービンゲン大学客員教授となり(1947),そこで90歳まで化学史の講義をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワルデン
わるでん
Paul Walden
(1863―1957)

ドイツの化学者、化学史家。ラトビアに生まれる。リガの工業大学でオストワルトから大きな影響を受け、ライプツィヒ、ミュンヘンに遊学。リガに戻って教授となった。その後、日露戦争(1904~1905)、第一次世界大戦、ロシア革命で打撃を受け、1919年、ドイツに逃れ、ロストック大学の教授となった。有機および物理化学、とくに非水溶液の電導率、立体化学などで広範な研究がある。なかでもリンゴ酸の置換反応に関連していわゆるワルデン反転の現象を発見した(1893)業績は大きい。師オストワルトに似て多作家であり、とくに化学史に関するものは『化学史年表』(1952)、『1880年来の有機化学史』(1941)そのほか力作が多い。1945年の空襲で1万冊の化学蔵書を焼失、南方チュービンゲンに逃れ、90歳過ぎまで教壇に立った。[都築洋次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワルデンの関連キーワードワルデンの規則(融解エントロピー)フレデリック・ファン エーデンフィーアワルトシュテッテ[湖]ワルデンの規則(電解質溶液)ワルデンの規則(臨界容積)ウォルター ヒュッケルアウグスト シュトラムウンターワルデン[州]転位(有機化学反応)ファン・デ・フェルデウンターワルデン州ニートワルデン准州ポール ヴァルデンポール ワルデンモルガルテンの戦ウンターワルデンフリースラント州ホーエンローエ家オプワルデン准州ヘーレンフェーン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワルデンの関連情報