コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレカラ skeleton shrimp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレカラ
skeleton shrimp

軟甲綱端脚目ワレカラ科 Caprellidaeに属する種類の総称。ただし,端脚目ワレカラ亜目 Caprellideaを総称してワレカラと呼ぶこともある。体長 0.5~3cm。小さな頭部,細長い 7胸節,小さな 6腹節からなる。第1胸脚,第2胸脚は鋏をもつ顎脚となる。一般に第3胸脚,第4胸脚を欠き,代わりに葉状のをもつ。後 3対の脚で海藻などにしがみついて生活するが,シャクガ(尺取虫)を思わせる姿が擬態となって見つけにくい。潮間帯や浅海の藻場に多いが,定置網などにもつき,幼魚類の重要な餌となる。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワレカラ

端脚目ワレカラ科の甲殻類の総称。体は非常に細長く円筒形。第1触角は長く体長の半分ほど。体長は普通2cm内外だが,最大種のオオワレカラでは6cmに達する。体色褐色のものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワレカラ
われから / 破殻
skeleton shrimp

節足動物門甲殻綱端脚(たんきゃく)目ワレカラ科Caprellidaeに属する種類の総称。広義にはワレカラ亜目Caprellideaに属する種類の総称で、500種以上知られている。すべて海産で、とくに岩礁の海藻や定置網などについていることが多い。体長5~50ミリで、一般に10ミリ内外。細長い円筒形で、七胸節のうち第一節は頭部と癒合しているため、胸部は見かけ上六節からなる。腹部は著しく退化して胸節に続く小さな突起にすぎない。第一、第二顎脚(がっきゃく)にはさみをもつが、第二顎脚が強大で、種の分類形質となる。後ろ三対の歩脚はかならず存在するが、前二対はないことが多く、あっても退化的。第二、第三胸節に葉状のえらが一対ずつある。海藻の間では体形が擬態となっており、体色も海藻に似る。もっとも多いのはマルエラワレカラCaprella acutifronsとトゲワレカラC. scauraで、本州北部から北海道には体長60ミリになるオオワレカラC. kroyeriが普通にみられる。[武田正倫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワレカラの関連キーワードワレカラ(割殻)トゲワレカラミミズハゼホロヌメリニギス掃除魚ガジ破殻割殻

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android