コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレカラ ワレカラ skeleton shrimp

3件 の用語解説(ワレカラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレカラ
ワレカラ
skeleton shrimp

軟甲綱端脚目ワレカラ科 Caprellidaeに属する種類の総称。ただし,端脚目ワレカラ亜目 Caprellideaを総称してワレカラと呼ぶこともある。体長 0.5~3cm。小さな頭部,細長い 7胸節,小さな 6腹節からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ワレカラ

端脚目ワレカラ科の甲殻類の総称。体は非常に細長く円筒形。第1触角は長く体長の半分ほど。体長は普通2cm内外だが,最大種のオオワレカラでは6cmに達する。体色は褐色のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワレカラ
われから / 破殻
skeleton shrimp

節足動物門甲殻綱端脚(たんきゃく)目ワレカラ科Caprellidaeに属する種類の総称。広義にはワレカラ亜目Caprellideaに属する種類の総称で、500種以上知られている。すべて海産で、とくに岩礁の海藻や定置網などについていることが多い。体長5~50ミリで、一般に10ミリ内外。細長い円筒形で、七胸節のうち第一節は頭部と癒合しているため、胸部は見かけ上六節からなる。腹部は著しく退化して胸節に続く小さな突起にすぎない。第一、第二顎脚(がっきゃく)にはさみをもつが、第二顎脚が強大で、種の分類形質となる。後ろ三対の歩脚はかならず存在するが、前二対はないことが多く、あっても退化的。第二、第三胸節に葉状のえらが一対ずつある。海藻の間では体形が擬態となっており、体色も海藻に似る。もっとも多いのはマルエラワレカラCaprella acutifronsとトゲワレカラC. scauraで、本州北部から北海道には体長60ミリになるオオワレカラC. kroyeriが普通にみられる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワレカラの関連キーワード端脚類軟甲類此れから我から其れから其れとユーレカ横蝦破殻コレカラワレカラ(割殻)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワレカラの関連情報