コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワレニウス Bernardus Varenius

世界大百科事典 第2版の解説

ワレニウス【Bernardus Varenius】

1622‐50
ドイツ生れの先駆的な近代地理学者。ケーニヒスベルクとオランダのライデン大学で学び,49年には医学の試験に合格,同年アムステルダムのエルゼビル書店からラテン語の《日本王国志》を出版。1974年に至ってドイツ語訳,次いで日本語訳も現れた。編纂本であるが,ヨーロッパ語の日本紹介書としては最も古い部類に属する。ワレニウスの夭折直後の1650年には有名な大著一般地理学》が刊行された。この中で地理学は一般地理学と特殊地理学(地誌)に,前者はさらに絶対(地球自体と諸地域を扱う),相対(天体としての地球を扱う),比較(地球上相異なる諸地域を比較考察する)の3部門に分けられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ワレニウス【Bernhardus Varenius】

1622~1650) ドイツ生まれの地理学者。地球全体を数理的に扱う一般地理学(通論)と、地域別に記述する特殊地理学(地誌)よりなる地理学の体系と方法を示し、近代地理学誕生の先駆をなした。著「一般地理学」「日本王国史」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワレニウス

ウァレニウス」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のワレニウスの言及

【黒潮】より

…又東南のかた安房,上総の沖に遠く出づれば潮ただ東の方へのみ落ちて船などもそれより東へ落されて又帰ることなし……〉と述べているが,当時すでに黒潮の特徴がかなり正確につかまれていたことが分かる。 日本の南岸沿いに強い海流が存在することは外国の文献にも古くから記されており,1650年ドイツの学者ワレニウスB.Vareniusの《一般地理学》に載っているほか,クックの世界周航(1776‐80)時の船長キングJ.Kingが1784年に黒潮域の測流結果を1.5ノットから3ノットと報告している。1810年ロシアの航海者クルーゼンシテルンは日本近海の海洋調査の結果を報告した中で,黒潮を日本海流と呼んだ。…

【黒潮】より

…又東南のかた安房,上総の沖に遠く出づれば潮ただ東の方へのみ落ちて船などもそれより東へ落されて又帰ることなし……〉と述べているが,当時すでに黒潮の特徴がかなり正確につかまれていたことが分かる。 日本の南岸沿いに強い海流が存在することは外国の文献にも古くから記されており,1650年ドイツの学者ワレニウスB.Vareniusの《一般地理学》に載っているほか,クックの世界周航(1776‐80)時の船長キングJ.Kingが1784年に黒潮域の測流結果を1.5ノットから3ノットと報告している。1810年ロシアの航海者クルーゼンシテルンは日本近海の海洋調査の結果を報告した中で,黒潮を日本海流と呼んだ。…

【地理学】より

…これらの遺産はヨーロッパにおける世界的視圏の成立とその後における地理学の発展にも大きな影響を与えた。 近代地理学の芽生えは,B.ワレニウスの著作《一般地理学》(1650)に認められ,比較部門を含む地理学体系の輪郭が示された。18世紀の後半には,I.カントの《自然地理学講義録》(1802。…

※「ワレニウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ワレニウスの関連キーワード通論

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android