コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワンカヨ ワンカヨ Huancayo

4件 の用語解説(ワンカヨの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワンカヨ
ワンカヨ
Huancayo

ペルー中部,フニン県の県都。首都リマの東約 200km,アンデス山脈中,アマゾン川水系マンタロ川の肥沃な河谷にあり,標高約 3260m。インカの交通路沿いに 1538年スペイン人が建設,植民地時代は鉱業・農業中心地として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワンカヨ(Huancayo)

ペルー中部の都市。フニン県の県都。アンデス山脈東部、アマゾン川水系のマンタロ川が刻む渓谷に位置する。インカ帝国時代の交通路沿いにあり、先住民の伝統的な衣料品や食料品などを売る日曜市が有名。同国における小麦の主な生産地の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ワンカヨ【Huancayo】

ペルー中部,フニン県の県都。人口25万8209(1993)。アンデス山中の高原,マンタロ川の上流部にあり,標高3261m。インカ時代からの古い都市である。ペルー全土の小麦の40%を産出する肥沃な耕地の中心部にあり,小麦をはじめトウモロコシなどの農産物の集散地。毛織物ビール,製粉,酪農製品などの工業がある。農村部から集まる原住民の日曜市が有名である。【田嶋 久】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワンカヨ
わんかよ
Huancayo

南アメリカ、ペルー中部、フニン州の州都。アンデス山脈の高原盆地の標高3300メートルに位置する。人口30万5039(1998)。インカ時代からの古い市場町で、先住民人口が多い。ペルーの小麦の約40%を産する肥沃(ひよく)な農業地域の中心部にある農産物の集散地で、特産物のラマ、アルパカの毛織物や、化繊の工場も多い。日曜市が有名で、さまざまな伝統的な工芸品、食料品、衣料品が取引される。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワンカヨの関連キーワードアレキパカヤオチンボテワヌコワンカベリカペルージュルーレオイーカセロ・デ・パスコラ・オロヤ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone