一ノ目潟(読み)いちノめがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秋田県西部,男鹿半島北西部にある。面積 0.26km2,周囲 2km,最大水深 42m。標高 87m。マールといわれる爆裂火口に水がたまったもの。周辺の破砕物質の中に縄文土器が混っていることから,約 4000年前の爆発によりできたといわれる。近くに二ノ目潟三ノ目潟があり,3つのなかでは最大。このマールは,日本では,ほかに鹿児島県の池田湖だけである。戸賀湾を見渡す八望台は男鹿半島の観光の中心地。男鹿国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

秋田県、男鹿半島北西部にある淡水湖。マールと呼ばれる爆裂火口湖。付近には同じ成因の二ノ目潟、三ノ目潟があり、一ノ目潟は最も東に位置する。直径約600メートル・面積約0.26平方キロメートルは3つの湖のうち最大。国指定天然記念物。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋田県男鹿半島(おがはんとう)北西部の湖。マールとよばれる爆裂火口に水をたたえたもので、近くには同じ成因の二ノ目潟、三ノ目潟がある。直径約600メートル、面積0.26平方キロメートル、湖面の標高88メートル、深さ42メートル。東岸に排水口があり、排水された水は北浦の南西段丘上の約3平方キロメートルの水田を灌漑(かんがい)する。八望(はちぼう)台からの景観がよい。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android