一ノ目潟(読み)いちノめがた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一ノ目潟
いちノめがた

秋田県西部,男鹿半島北西部にある湖。面積 0.26km2,周囲 2km,最大水深 42m。標高 87m。マールといわれる爆裂火口に水がたまったもの。周辺の破砕物質の中に縄文土器が混っていることから,約 4000年前の爆発によりできたといわれる。近くに二ノ目潟三ノ目潟があり,3つのなかでは最大。このマールは,日本では,ほかに鹿児島県池田湖だけである。戸賀湾を見渡す八望台は男鹿半島の観光の中心地男鹿国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔秋田県〕一ノ目潟(いちのめがた)


秋田県の男鹿(おが)半島北西部にある爆裂火口湖(マール)。面積0.3km2。最深部42m。火山の溶岩が水に接触・爆発してできたマール地形の典型。付近に同様の成因からなる二ノ目(にのめ)潟、三ノ目(さんのめ)潟、戸賀(とが)湾がある。男鹿国定公園に属し、南岸の八望台(はちぼうだい)からの眺望がよい。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一ノ目潟
いちのめがた

秋田県男鹿(おが)半島北西部の湖。マールとよばれる爆裂火口に水をたたえたもので、近くには同じ成因の二ノ目潟、三ノ目潟がある。直径約600メートル、面積0.26平方キロメートル、湖面の標高88メートル、深さ42メートル。東岸に排水口があり、排水された水は北浦の南西段丘上の約3平方キロメートルの水田を灌漑(かんがい)する。八望(はちぼう)台からの景観がよい。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android