コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田湖 いけだこ

8件 の用語解説(池田湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田湖
いけだこ

鹿児島県南部,薩摩半島の南東端にあるカルデラ湖指宿市に属する。九州最大の淡水湖で面積 10.9km2最大水深は 233mで日本第4位。周囲 15km,湖面標高 66m。南東部に水深約 40mの頂点をもつ湖底火山丘がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

池田湖

周囲15キロ、東西4.4キロ、南北3.5キロで九州最大の湖。開聞岳を一望し、昨年のNHK大河ドラマ「篤姫」のロケ地にもなった。薩摩藩について書かれた江戸時代の「三国名勝図会」に「神龍(しんりゅう)」の記述があり、2メートル近い大ウナギも生息する。幻の怪獣「イッシー」で脚光を浴びたのは70年代末。漫画家の手塚治虫さんやサトウサンペイさんらが訪れ、想像図を描く過熱ぶりだった。

(2009-02-10 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いけだ‐こ【池田湖】

鹿児島県、薩摩半島南部にあるカルデラ湖。面積11.1平方キロメートル。最大深度233メートル。湖面標高66メートル。霧島錦江湾国立公園に属する。
[補説]東に連なる鰻池山川(やまがわ)湾などのマール群とともに、「池田・山川」として活火山に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

池田湖【いけだこ】

鹿児島県指宿(いぶすき)市の南西端にあるカルデラ湖。九州最大の湖で,面積10.91km2。水面標高は66mで,最深233m。湖の南東部に水面下42mに達する円頂丘があり,湖の形成後に生じた湖底火山丘とされる。
→関連項目開聞[町]霧島屋久国立公園

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いけだこ【池田湖】

鹿児島県薩摩半島南東端近くにあるカルデラ湖。周囲15km,面積11.1km2。水面標高66m。最大深度は233mで,中央部の半分以上が深さ200mをこえる。東に寄って深さ42mの突出部があり,湖沼形成後に生じた湖底火山といわれる。池田湖は揖宿(いぶすき)カルデラの中に形成されたカルデラ湖で,北西を限るのは外側のカルデラ壁,北東から南西にかけては内側の200m余の急崖が連なり,湖面に形を映して景色がいい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いけだこ【池田湖】

鹿児島県薩摩半島の南端近くにある湖。面積11平方キロメートル。カルデラ湖で湖岸は急斜面。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔鹿児島県〕池田湖(いけだこ)


鹿児島県薩摩(さつま)半島南部にある指宿(いぶすき)火山のカルデラ湖。面積10.9km2は九州の湖沼中最大。最大水深233m。湖岸はカルデラ壁の絶壁に囲まれ、湖底南東部に水面下42mに達する火山丘がある。コイ・ワカサギ・ウナギなどの放流や養殖が行われ、オオウナギなど多種の動植物が生息。霧島屋久(きりしまやく)国立公園に属し、指宿スカイラインが通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田湖
いけだこ

鹿児島県薩摩(さつま)半島南東部に位置する九州最大の湖。面積10.91平方キロメートル、周囲15キロメートル、水面標高66メートル、最大深度233メートル。カルデラ湖で透明度はかつて26.8メートル(1929)と測定され世界有数の値を示していたが、近年は4~15メートルで推移。湖の南東部分には、水面下42メートルの水深を示す円頂丘が存在し、本湖形成後に生じた湖底火山丘といわれ、たいへん珍しい。流入河川はない。水温は深層でも1年中10℃前後で、湖沼分類上熱帯湖に属している。本来は貧栄養湖に分類され生産量の少ない湖であったが、1930年(昭和5)ごろから、コイ、ウナギ、ワカサギ、アユなどの放流、養殖が行われ、多くの動植物が生育するようになった。なかでもオオウナギは体長2メートルに達するものもあり有名。霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園の一部をなし観光客も多い。指宿(いぶすき)駅からバス30分。指宿スカイラインの基点にも近い。[塚田公彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田湖の関連キーワード鹿児島県薩摩郡さつま町柏原鹿児島県薩摩郡さつま町求名鹿児島県薩摩郡さつま町神子鹿児島県薩摩郡鹿児島県薩摩川内市中郷鹿児島県薩摩郡さつま町鶴田鹿児島県薩摩郡さつま町虎居鹿児島県薩摩郡さつま町永野鹿児島県薩摩郡さつま町広瀬鹿児島県薩摩川内市港町

池田湖の関連情報