一丁・一梃(読み)いっちょう

  • いっちょう ‥チャウ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
[一] (一丁) 古代、公用の課役にかりだされた人夫一人。ひとりの丁(よぼろ)。転じて、ひとりの男。
※延喜式(927)二四「凡左右京。五畿内国調(みつぎ)一丁輸銭随時増減」
[二] (一丁・一挺・一梃) (「ちょう」は助数詞)
① 鋤(すき)、鍬(くわ)などの農具、のこぎり、かんななどの工具、船の櫓(ろ)や櫂(かい)、槍(やり)、銃などの武具、墨、三味線、鼓(つづみ)、かみそり、駕籠(かご)、蝋燭、鋏、そろばんなどの一つ。
※多聞院日記‐永正二年(1505)正月二八日「墨〈一挺〉」
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「壱人には置(をき)ふるびし十露盤壱丁とらせける」
② 料理、酒、さかなの一人前。あるいはその分の費用。
※政基公旅引付‐文亀三年(1503)六月一九日「番頭等賜飯酒、〈略〉雖然為祝着一丁出之云々」
③ 書物の裏表二ページ。
※浮世草子・元祿大平記(1702)五「壱丁(テウ)を壱匁弐分書にさだめ」
④ 碁、将棋など勝負事、あるいはそれに類したこと一回。楽器の演奏、男女の交合などにもいう。ひと勝負。一番。一発。
※浮世草子・世間娘容気(1717)四「御扶持(ふち)人の小鼓打、松林音右衛門を召出され一挺(テウ)御所望」
※笹まくら(1966)〈丸谷才一〉六「一丁、もんでやろうか」
⑤ 楊弓、大弓で、銭をかけるときに一〇〇をいう符丁。〔随筆・一話一言(1779‐1820頃)〕
[2] 〘副〙 ((一)(二)④から転じたもの) あとに勧誘、意志などの意を伴って用いる。何かするとき、何かにとりかかるときに言い出す語。ひとつ思いきって。それでは。さあ。
※歌舞伎・隅田川続俤(法界坊)(1784)口明「『久振(ひさしぶり)で一丁キウと立てなんせ』『よう呑みたがるぜえ』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android