コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸谷才一 まるやさいいち

6件 の用語解説(丸谷才一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丸谷才一
まるやさいいち

[生]1925.8.27. 山形,鶴岡
[没]2012.10.13. 東京
小説家,評論家。本名根村才一。1950年東京大学英文科卒業,1953~65年国学院大学で教鞭をとった。第一作は 1960年刊行の『エホバの顔を避けて』(1952~60,同人誌『秩序』に連載)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まるや‐さいいち【丸谷才一】

[1925~2012]小説家・英文学者。山形の生まれ。ジョイスの「ユリシーズ」の翻訳で注目される。「年の残り」で芥川賞受賞。他に「たった一人の反乱」「忠臣蔵とは何か」「樹影譚(じゅえいたん)」「輝く日の宮」など。芸術院会員。平成18年(2006)文化功労者。平成23年(2011)文化勲章受章。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

丸谷才一【まるやさいいち】

小説家,評論家。山形県生れ。東京大学英文科卒。《エホバの顔を避けて》以下,ジョイスをはじめとする20世紀小説の方法を意識しつつ,軽快かつ巧緻(こうち)な作品を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丸谷才一 まるや-さいいち

1925-2012 昭和後期-平成時代の英文学者,小説家。
大正14年8月27日生まれ。J.ジョイスユリシーズ」の翻訳で注目される。日本的な私小説の伝統を批判して小説を手がけ,昭和43年「年の残り」で芥川賞,47年「たった一人の反乱」で谷崎潤一郎賞。古典にも造詣がふかく,49年「後鳥羽院」で読売文学賞。60年「忠臣蔵とは何か」で野間文芸賞。平成10年芸術院会員。12年「新々百人一首」で大仏(おさらぎ)次郎賞。16年朝日賞。18年文化功労者。文章論やエッセイなどもおおい。23年文化勲章。平成24年10月13日死去。87歳。山形県出身。東大卒。本名は根村才一。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

丸谷才一

日本の小説家、文芸評論家、翻訳家。1925年8月27日生まれ、山形県鶴岡市出身。2012年10月13日没。1943年、旧制鶴岡中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)を卒業。44年の旧制新潟高等学校文科乙類への入学、翌年の山形歩兵第32連隊への入営を経て、47年、東京大学文学部英文科に入学。52年、篠田一士らとともに季刊同人雑誌「秩序」を創刊。60年、初の長編小説『エホバの顔を避けて』を刊行。67年、『笹まくら』で河出文化賞を受賞し、翌年7月、第59回芥川賞受賞。72年、長編『たった一人の反乱』で第8回谷崎潤一郎賞を受賞。88年『樹影譚』で川端康成文学賞受賞。評論でも、73年刊行の『後鳥羽院』で読売文学賞を受賞、99年刊行の『新々百人一首』で大佛次郎賞を受賞するなど、そうそうたる経歴を残す。93年には長編『女ざかり』がベストセラーとなり、翌年吉永小百合の主演で映画化された。2006年、文化功労者となり、11年、文化勲章を受章した。12年、心不全により死去。享年87。

(2012-10-17)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丸谷才一
まるやさいいち
(1925―2012)

作家。山形県鶴岡(つるおか)市に生まれる。東京大学英文科卒業。新進の英文学者としてG・グリーン『不良少年』、J・ジョイス『ユリシーズ』(共訳)などを訳出し注目される。作家としては、ジョイスの手法に範をとった『エホバの顔を避けて』(1960)によって認められる。以後、『笹(ささ)まくら』(1966)では思想的主題を同じ手法を継承して描き、独自の世界を確立する。また『にぎやかな街で』(1967)、『年の残り』(1968。芥川(あくたがわ)賞受賞)などに続いて、長編『たった一人の反乱』(1972。谷崎潤一郎賞受賞)、『裏声で歌へ君が代』(1982)、『樹影譚(じゅえいたん)』(1988。川端康成文学賞受賞)、『女ざかり』(1993)などの小説のほか、『後鳥羽(ごとば)院』(1973。読売文学賞受賞)、『忠臣蔵とは何か』(1986。野間文芸賞受賞)、そして『遊び時間』(1976、1980、1984)、『現代のエッセイ 夜明けのおやすみ』(1984)、『エッセイ・大人の時間 遊びなのか学問か』(1985)といったエッセイ集などがある。1998年(平成10)日本芸術院会員。2006年文化功労者。[金子昌夫]
『『後鳥羽院』(1973・筑摩書房) ▽『丸谷才一批評集』全6巻(1995~1996・文芸春秋) ▽『恋と女の日本文学』(1996・講談社) ▽『闊歩する漱石』(2000・講談社) ▽『エホバの顔を避けて』(中公文庫) ▽『笹まくら』(新潮文庫) ▽『年の残り』(文春文庫) ▽『たった一人の反乱』上下(講談社文庫) ▽『裏声で歌へ君が代』(新潮文庫) ▽『樹影譚』(文春文庫) ▽『女ざかり』(文春文庫) ▽『忠臣蔵とは何か』(講談社文芸文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸谷才一の関連キーワード小林秀雄栗本薫小宮山天香加藤朝鳥川村二郎権田萬治渋川驍竹内泰宏平岡篤頼文芸評論

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

丸谷才一の関連情報