一握の砂(読み)イチアクノスナ

世界大百科事典 第2版の解説

いちあくのすな【一握の砂】

石川啄木の第1歌集。1910年(明治43)東雲堂刊。1908‐10年の作品551首を,テーマ別に5章に編集する。まず現在の感慨を歌い,次いで過去に回想をさかのぼらせ,やがて再び現在の所感にもどる構成がとられ,その循環の中で作者の自画像が諸角度から構築されている。題名は,流れゆく時の中に消えるささやかな生,といった意味で,短歌形式を借りて自らの不幸な生に存在証明を与える試みである。1首3行書きという独特な表記法と,日常の生活感情を表白するに適した平易な表現とがあいまって,既成の短歌意識をこえた歌集として国民の広い層に親しまれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちあくのすな【一握の砂】

歌集。石川啄木作。1910年(明治43)刊。第一歌集。東京時代の感傷的、自己愛惜の歌や、故郷追懐の歌で構成され、三行書きの形式を初めて示した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一握の砂
いちあくのすな

石川啄木(たくぼく)の処女歌集。1910年(明治43)東雲堂書店刊。一首三行書きの短歌551首を「我を愛する歌」「煙」「秋風のこころよさに」「忘れがたき人人」「手套(てぶくろ)を脱ぐ時」の5章に分けて収めてある。いずれも東京時代の作歌で都会生活の哀歓を歌った作品と、渋民(しぶたみ)村(現盛岡(もりおか)市玉山(たまやま)区渋民)、盛岡、北海道を歌った回想歌に分かれる。代表作は「はたらけど/はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざり/ぢつと手を見る」「友がみなわれよりえらく見ゆる日よ/花を買ひ来て/妻としたしむ」など。歌集の特色は生活のなかから得た青春の感懐を、庶民のことばでわかりやすく表現しているところにあり、その独自の歌風は長く国民の広い層に親しまれている。[岩城之徳]
『『一握の砂・悲しき玩具』(講談社文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一握の砂の関連情報