コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一立斎文車 いちりゅうさいぶんしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

いちりゅうさいぶんしゃ【一立斎文車】

幕末の講釈師生没年,本名不詳。豆腐屋を営んでいたことから〈豆腐屋文車〉とも呼ばれた。師匠がなく一本立ちしたことからこの名があり,世話物が好まれだした時流にのり,八丁荒しの人気を得た。2代目(1832?‐81)は,高座の小手がきいたことから〈巾着切文車〉と呼ばれ《藪原検校》や《掛川無宿の源太》などに長じ,博識ぶりでも有名。3代目(1847?‐1917)は本名春日岩吉。《西遊記》を得意にし,にぎやかな高座で知られた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

一立斎文車の関連キーワード一立斎 文慶お富/与三郎義民物講談

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android