コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和倉温泉 わくらおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和倉温泉
わくらおんせん

石川県能登半島東岸の七尾市にある温泉。弁天崎の先端部にあり,七尾湾西湾にのぞむ。泉質食塩泉泉温は 95℃。泉源海中にあったが,埋立てが進み,海岸沿いに近代的な旅館の並ぶ観光温泉地となった。能登半島国定公園の一部となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

わくらおんせん【和倉温泉】

石川県七尾市にある温泉。食塩泉。能登半島七尾湾に突出する小半島の先端に位置し、前面に能登島が浮かぶ景勝地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕和倉温泉(わくらおんせん)


石川県北部、能登(のと)半島東岸の七尾西(ななおにし)湾に臨む行楽向きの温泉。1200年近い歴史があり、古くは涌浦(わくうら)温泉とも称されたという。近代的な温泉街を形成し、能登半島一帯の観光の拠点となる。能登島大橋で能登島と結ばれ、新しい観光ルートが開かれた。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉。泉温95.8℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和倉温泉
わくらおんせん

石川県能登(のと)半島の七尾(ななお)市にある温泉。七尾湾西湾に面し、江戸時代には海中に泉源があり、涌浦(わくうら)と称し舟で入湯した。泉質は塩化物泉。1880年(明治13)ドイツで開催された万国温泉博覧会には効能が認められ、第三位になった。海を埋め立てて、近代旅館が建ち並び、能登観光の基地となっている。舟遊びや釣りが楽しめる。前面の能登島とは能登島大橋で結ばれる。JR七尾線和倉温泉駅下車。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

和倉温泉の関連キーワードサンダーバード須曽蝦夷穴古墳能登かがり火ダイナスター石川県七尾市わくたまくん花嫁のれん七尾(市)七尾線内浦七尾前面

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和倉温泉の関連情報