コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

不空羂索観音 ふくうけんさくかんのん Amoghapāśa

6件 の用語解説(不空羂索観音の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不空羂索観音
ふくうけんさくかんのん
Amoghapāśa

六観音の一つ。胎蔵界曼荼羅観音院の一尊。pāśa(羂索)は漁猟に用いる「わな」で,amogha(不空)は徒労ではないこと,大悲心で衆生を済度して残さないという意味。日本では主として 8~9世紀に造像が行なわれ,東大寺法華堂(三月堂)に天平時代の乾漆造の立像が伝存し,ほかに広隆寺,奈良大安寺などにも 9世紀頃の遺品がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくうけんじゃく‐かんのん〔‐クワンオン〕【不空羂索観音】

《〈梵〉Amoghapāśaの訳》六観音七観音の一。羂索(けんさく)によって衆生を救い菩提(ぼだい)の彼岸に送ることを誓願とし、その成就の空しくはないことを名とする。像は一面八臂(はっぴ)が普通で、手に蓮華(れんげ)・錫杖(しゃくじょう)・羂索・数珠(じゅず)などを持つ。ふくうけんさくかんのん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

不空羂索観音【ふくうけんじゃくかんのん】

六観音の一つ。〈ふくうけんさくかんのん〉とも。羂索は漁猟の道具で,どんな魚や鳥も捕らえられるように,必ず人を救うのでこの名がある。古くから信仰され,東大寺三月堂本尊の三目八臂像は天平仏として有名。
→関連項目乾漆康慶

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふくうけんじゃくかんのん【不空羂索観音】

サンスクリット名アモーガパーシャAmoghapāśaの訳。〈ふくうけんさく〉とも読む。変化観音の一つで,天台宗では六観音の一つに数える(真言宗では不空羂索にかえて准胝(じゆんてい)を数える)。衆生の煩悩を羂索をもって,もらさず済度する悲願を立てた観音である。〈不空羂索神変真言経〉に説かれ,変化観音の中では早く成立し,インドに多くの作例が見いだされる。日本でも奈良時代から信仰された。図像としては一面二臂,四臂,八臂,十八臂,三面二臂,四臂,六臂,十臂,十一面三十二臂など多種がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふくうけんじゃくかんのん【不空羂索観音】

六観音・七観音の一。大悲の羂索(鳥獣を捕らえる道具)でもらさず(不空)一切の衆生しゆじようを救いとる観音。顔は一面・三面・一一面のものなどがあり、腕の数も一定しない。ふくうけんさくかんのん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

不空羂索観音
ふくうけんじゃくかんのん

六観音の一つ。「ふくうけんさくかんのん」とも読む。羂は網、索は魚の釣り糸のことで、網を張って鳥をとらえ、糸を垂れて魚を釣るように、人々を救って余すところがないという誓いが正しいので不空という。この観音を拝むと病や水火の難を逃れるなど20種の利益(りやく)があるといい、奈良時代はとくにその信仰が盛んであった。三目八臂(さんもくはっぴ)の像容をもつ、東大寺法華堂(ほっけどう)の本尊(奈良時代、国宝)、興福寺南円堂の本尊(鎌倉時代、国宝)は有名。[石上善應]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の不空羂索観音の言及

【金属工芸】より

…大仏殿前の鋳造八角灯籠も創建当初のもので,斜格子文透の上に音声(おんじよう)菩薩を半肉に鋳出した火袋をもつ華麗なものである。同じく東大寺の法華堂(二月堂)不空羂索観音が頂く銀製宝冠は,銀板に唐草文を透彫し玉類などで飾った美麗なもので,これらは当代金工の高い水準を示している。正倉院もまた金工の宝庫であり,鏡,錫杖,柄香炉,銀壺などの鋳造品,薫炉,盤などの鍛造品と多種多彩の金工遺品を伝えている。…

【大仏】より

… 塑像では岡寺の弥勒菩薩座像や当麻(たいま)寺金堂の弥勒仏座像が大像として知られている。乾漆像では唐招提寺の盧舎那仏座像,千手観音立像,薬師如来立像,あるいは東大寺法華堂の不空羂索観音立像,梵天,帝釈,金剛力士,四天王像などいずれも300cmをこす大像である。木造では奈良長谷寺の十一面観音立像が知られる。…

※「不空羂索観音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

不空羂索観音の関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学阿毘達磨俱舎論古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》影モーション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

不空羂索観音の関連情報