七音(読み)シチオン

精選版 日本国語大辞典の解説

しち‐いん【七音】

〘名〙
※歌謡・閑吟集(1518)序「温之異域、其来久矣。先王和五声也、以平其心、成其政。五声・六律・七音・八風、以相成也」 〔通志‐七音略〕

しち‐おん【七音】

〘名〙
① 中国音韻学で、頭子音を分類した七つの音。唇音、舌音、牙(が)音、歯音、喉(こう)音、半舌音、半歯音の七種。〔韻鏡道恵抄(1654)〕 〔韻鏡‐韻鏡序作〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の七音の言及

【音韻学】より

…この体系化の動機はインドの音韻学の導入である。サンスクリットの子音体系にならって中国でも唐代を通じて頭子音の整理が行われ,ついにいわゆる七音三十六字母の体系を生むにいたった。七音とは牙(が)音,舌音,脣(しん)音,歯音,喉(こう)音,半舌音,半歯音であって,この各音が全清,次清,全濁,清濁のカテゴリーに分けられ,全体で36の字母を区別した。…

※「七音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報